本田圭佑「ドイツに負けても大丈夫」W杯展望投稿→中国人「チャンスはある」「私たちも当時は同じことを考えていた」【海外の反応】

本田圭佑

サッカー元日本代表MFの本田圭佑さん(36)が14日、ツイッターを更新。来週開幕するW杯について、自身の展望を明かした。

本田さんは「・カタールW杯」とテーマを掲げ、「ドイツに負けても大丈夫(勝ちたいけど)」「コスタリカも強いけど勝てる」「スペイン戦が勝負」と分析した。本田さんの投稿にフォロワーからは「初戦負けたら後が厳しいからなー」「何言ってんだよ、ケイスケホンダ!予選リーグなんか全戦全勝で1位通過するに決まってんだろ!」「それが理想ですけどスペインの方が勝ち筋や隙はあるので。ドイツは攻守ともに日本が苦手とする選手が多いです」「けーすけメンタルブレてね?」などとコメントしている。

W杯は20日に開幕。グループEに属する日本代表は23日にドイツと対戦する。本田さんは「ABEMA」で日本代表の3試合などを現地から生で伝え、解説者デビューする。

https://news.yahoo.co.jp/articles/82f21faf53cffd215a520974e4587ee175440323

この話題に対する中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

海外の反応

サッカーファン/中国 ぶっちゃけ、日本はどのチームと対戦しても、チャンスは十分にあると思う。

サッカーファン/中国 心配しなくていいよ。アジアのチームはどこもグループステージで敗退するから。

サッカーファン/中国 コスタリカ「このコメントには聞き覚えがある。かつて、ワールドカップに出場してこのようなことを考えていたチームがあった😏」

中国が長いサッカー史で、FIFAワールドカップに出場したのは過去にただ一度だけ。日韓共催で行われた2002年のワールドカップだ。コスタリカ、ブラジル、トルコを相手に3戦全敗で終わったが、当時はさらなる成長が期待されていた。

https://www.jfa.jp/samuraiblue/worldcup_2022/final_q/opponent/china.html

サッカーファン/中国 それとはまた違うでしょ。彼らはベルギーを倒しかけたんだぞ。

サッカーファン/中国 ブラジルに負けても大丈夫。コスタリカに勝って、トルコと引き分ければいい。

サッカーファン/中国 なぜか聞き馴染みがある😏

サッカーファン/中国 実際、スペインに負けてもドイツとコスタリカには勝てると思うよ。

サッカーファン/中国 ドイツには勝てるかもしれないけど、スペインは厳しいと思う…純粋な技術力、個の力がね…

サッカーファン/中国 20年前なら調子に乗っていると思っていたかもしれないが、今なら十分に可能性があると言わざるを得ない。
本当に羨ましいわ😭

サッカーファン/中国 韓国「スペインとドイツに勝つ秘訣を知りたいですか?」

サッカーファン/中国 秘訣?審判にお金を渡すだけだろ。誰もが知っているよ。

あわせて読みたい
海外の反応:FIFAが02年W杯での韓国の活躍をアニメ化して称賛、世界の怒りを買う「史上最悪のW杯」
海外の反応:FIFAが02年W杯での韓国の活躍をアニメ化して称賛、世界の怒りを買う「史上最悪のW杯」

サッカーファン/中国 少なくとも日本にはそのステージに立つ力がある。

サッカーファン/中国 日本のプレースタイルじゃ、スペインに勝つのは難しすぎる。

サッカーファン/中国 日本の現在の強さを評価するのは本当に難しい。
調子がいいと、欧州の一流、二流のチームをも上回るパフォーマンスを発揮するけど、調子が悪いと、三流のチームにすらあっさりとやられてしまう…

サッカーファン/中国 どちらもパスサッカーだから、スペイン対日本は面白そうだ。

サッカーファン/中国 どこからこの自信が湧いてくるんだ?

サッカーファン/中国 ただの可能性の話でしょ。

サッカーファン/中国 ハハハ(笑)
むしろドイツ戦には希望があるけど、スペイン戦はチャンスがない。

サッカーファン/中国 コスタリカは弱くないよ。個人的に、日本は勝てないと思う。

サッカーファン/中国 既視感がある。

サッカーファン/中国 コスタリカ「20年前に聞いたわ」

サッカーファン/中国 私たちも当時は同じことを考えていました!

管理人アブちゃんのアイコン 管理人アブちゃん

鎌田はバイエルンやバルセロナと対戦して勝ってるからビビってなさそう。ただ、個人で通用する選手がいても、総合力で見ると完全にドイツとスペインが格上だからなー
三笘と伊東の爆発力次第だな。

\ Twitterでフォローする /
42 Comments
高評価順
新着順 古い順
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る