海外の反応「いかん、涙が…」”路上の水売り少年”から強豪の一員に ナポリFWの生い立ちに外国人感動

路上で水売りをしていた少年が夢を掴む

今季リーグ・アンのリールからセリエAのナポリに移籍したナイジェリア代表のヴィクター・オシムヘン(21歳)。ナポリ公式メディアが彼のインタビュー動画を公開し海外で話題になっています。

インタビューは以下の通り。

「小さいころに母を亡くし、3か月後に父が仕事を失った。僕ら兄弟姉妹には、とても難しい時期だったよ。生き延びるために、ラゴスの路上で水を売らなければいけなかった」

「希望がなく、自分を信じていると言ってくれる人がだれもいないところだった。良い生活を送るために、自分と家族にとって、サッカーだけが唯一の希望だと思っていた」

「今いるところを幸せに思う。くじけず、自分を信じることを学んだ。人生で父が苦しむのを見てきて、それが成長する中で多くの教えになったと思う」

「僕は生きるために闘わなければならなかった。とても若くして家を出て、芝刈りやご近所への水運びなど、何とか仕事をしようとした。食べるため、家族を助けるためだ。厳しい幼少期だった。本当に、良かったことなんて何もない。つねに闘いだった。それが今の自分になる助けになったんだ」

「夢がかなった。3年前、自分が世界有数のクラブと契約すると言われても信じなかったよ。ヴォルフスブルク時代は難しかったし、ベルギーの2クラブに断られた。最後にようやくシャルルロワに雇ってもらえたんだ」

「当時は本当にストレスフルだった。ナポリと契約すると言われても、あり得ないと答えていただろう。今は不可能がないと信じている。僕は自分のことをやり続け、仕事を続け、そして今ここにいる。夢がかなった。感謝している」

https://news.livedoor.com/article/detail/19039570/

オシムヘンは2017年に期待の新戦力としてヴォルフスブルクに加入するも、公式戦14試合0ゴールと奮わず。

しかし、2018年にシャルルロワへレンタル移籍すると、公式戦36試合20ゴール4アシストと大ブレイク。シーズン終了後には買取オプションが行使されシャルルロワに完全移籍することになりました。

その後リーグ・アンのリールに移籍し、27試合13ゴール5アシストと安定したパフォーマンスを見せ、今夏強豪ナポリへ移籍することに。

フランスメディア『レキップ』によるとナポリ移籍の移籍金はボーナス込みで8100万ユーロ(約100億9900万円)のようです。Transfer Marktによると現在オシムヘンの推定市場価値は4000万ユーロ(50億円)となっています。

この話題に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

海外の反応

ナポリサポ 彼のことが大好きになったよ。 +78

ナポリサポ 君の母親や家族の代わりになんて誰もなることはできないが、ナポリで君が安全に愛されて暮らし、実家のような安心感を感じてくれると嬉しいよ。
プレッシャーを感じること無く、ただプレーを楽しんでくれ。 +46

ナポリサポ フットボールという枠を超えて、一人の人間として尊敬するよ。
リスペクトしかない。
偉大な男よ、君は今ホームにいるよ。 +123

ナポリサポ 素晴らしい物語を聞かせてくれてありがとう。
君は人生の勝者であり、サッカーにおいても勝者となるだろう。
ナポリは君を愛しているよ。 +1

ナポリ 君のことを誇りに思うよ。
この若さで素晴らしい選手だということをすでに証明しているんだから、君は偉大なサッカー選手になるだろうね。
俺たちを選んでくれてありがとう。

ナポリサポ ワオ、彼は生まれてから現在に至るまで休むことなくずっと戦ってきたんだね。
彼の謙虚さと決意は模範的だよ。
パフォーマンスに関係なく彼を応援することにした。 +1

ナポリサポ いかん、涙が…胸を打たれたよ。
君の目には謙虚さと成功したいという欲求が表れている。
規格外の選手で、人生を美しく生きるべき人間だ。
犠牲は報われたね。チームに迎えることが出来て光栄だよ。 +11

ナポリサポ 親愛なるヴィクターへ。
この町に君のような素晴らしい選手がいることを誇りに思うよ。
俺たちは君を見習わなければならない。
これからもその素敵な笑顔を絶やさないでね。 +18

ナポリサポ サッカー選手としてだけではなく、人間としても素晴らしい。このような選手が加入してくれて嬉しいよ。
この若さでこれほど素晴らしい考えを持っているとは。ホームへようこそ。 +2

ナイジェリアのバルササポ ハードワークや夢を抱くだけではどうにもならないことがある。
彼はただ恵みを受けただけだよ。ここでは何百人もの人間が希望を抱き懸命に働いているが、何も結果を出せずにいる。
人生の後半で後悔したくないのであれば、俺たちはスポーツと学業を両立させないといけない。 +3

ナポリサポ 謙虚さと幸せ。サッカー選手においては珍しい考えを持ち合わせている。
ありがとうヴィクター。君は真の男だ。

ナポリサポ 人生の厳しい現実に苦しみながらも大きな成長を遂げた偉大で特別な選手。
楽しみながら成功を勝ち取って、幸せになってくれ。

管理人アブちゃんのアイコン 管理人アブちゃん

このようなハングリー精神がなくても努力できる人はたくさんいるのでしょうけど、苦労したからこその気迫のようなものはありますよね。
日本では、他人を蹴落としてでも成り上がってやるというハングリー精神を持った選手はほとんどいないと思います。相手をリスペクトしすぎだとよく言われていますよね。まあそれが日本の良さでもあるのですが。

\ Twitterをフォローする /
4 Comments
高評価順
新着順 古い順
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
名無し
2020年10月12日 13:39

アカサカンドリームやな

名無し
2020年10月12日 14:02

日本人は温いよね
それがプレーに現れている

サッカー道楽
2020年10月12日 15:52

生きていくために仕方の無い事したけれども、成功して良かったんじゃないのかな。ただ全ての人間がこう成れるわけではない。日本には同じ環境は殆どないから、悲観する必要性は無いけれどね。

名無し
2020年10月12日 17:20

日本人は温いとは思う
試合中にミスしてヘラヘラ笑ってる選手、欧州にもたまにいるけど
Jリーグはとくにそういう選手が多いように感じる