ラキティッチ「メッシとスアレスとは親しい友人関係ではなかった」外国人「言う必要ある?」【海外の反応】

ラキティッチとスアレス

今夏、バルセロナからセビージャに移籍したイヴァン・ラキティッチ(32歳)が、スペインメディア『El Desmarque』のインタビューで、不仲説のあったメッシとスアレスについて以下のように語りました。

「僕の個人的な考えだが、僕と彼らとの関係は決して親しい友人関係ではなかった。23から24人のグループでそういう関係を持つのは難しいと思う。僕の親友はアンドレス・イニエスタとテア・シュテーゲン、(ケヴィン=プリンス・)ボアテング、あと最後の1年間はジュニオル(・フィルポ)と仲が良かった」
「しかし、僕は彼ら(メッシとスアレス)を尊敬している。僕にとって彼らは6年間のパートナーであり、とても大切な人たちだ。そして僕は彼らと共に努力し本当に素晴らしいものを得てきた。僕の彼らへのリスペクトは最大級だよ。コロナウイルスのことがあってから、僕は常に彼らのすぐ近くにいた、僕らは隣人のようなものだったから。彼らをすごくリスペクトしている。これまで何年にも渡って彼らが僕に良くしてくれたことを感謝している」
引用元

この話題に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

海外の反応

スアレスの唯一の友達がメッシなんだぞ

当然ラキティッチは彼らを尊敬しているだろう
彼らがラキティッチに素晴らしいキャリアを与えたようなものだ +4

このラキティッチの発言には隠された意味があるだろうね

使えない選手め
ロッカールームを去った途端にこんなことを公に発言する必要があるか?
本当に理解できないわ +1

バルササポ 彼の発言の何が問題なんだ?どんな仕事でも起こりうるし、人付き合いや仕事のやり方は人それぞれだ +1

バルササポ 「ラキティッチはメッシの友人だからスタメンだった」というが説が崩壊するね +13

バルササポ すでにわかっていたことだけど、メッシとスアレスはバルセロナで特別な地位を築いているんだね
加入した若手は彼らから学ぼうとするが何も言葉をかけてもらえない、可哀想だよ +2

バルササポ どこでそんな情報手に入れたんだ?妄想でしょ +1

バルササポ なんでこれがニュースになるんだよ…ジャーナリズムの恥だよ
仕事で携わっている人は全員親友ではないが、何も問題はないぞ +2

バルササポ 他の仕事と同じで、何もおかしなことはない

バルササポ 全ての仕事に通ずることだ
良い関係と悪い関係があり、友情が常にあるわけではない
重要なことは、リスペクトとチームワークだよ

至って普通のことだよ
友人はたくさんいて親友は一人、二人しかいない
このような人はたくさんいると思う

管理人アブちゃんのアイコン 管理人アブちゃん

バルセロナにはメッシとスアレスに強く言える人が必要だと思います。この二人をベンチに置くことも辞さない、サッカー界で尊敬される人物が理想ですよね。

\ Twitterをフォローする /
6 Comments
高評価順
新着順 古い順
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る