イギリスの反応「安らかに眠ってくれ」ニューカッスルサポに殴打された馬が死去

過去にニューカッスルサポーターに殴打された馬が亡くなったようです。

2013年4月14日、プレミアリーグ第33節ニューカッスル対サンダーランドのタイン・ウェア・ダービーが行われ、アウェーのサンダーランドが3-0で勝利しました。試合後、荒れ狂ったニューカッスルサポーターが警官隊と激突し、1名のニューカッスルサポーターが警察馬「バド」を殴りつけその場で拘束されました。殴打したニューカッスルサポーターはその後1年間の懲役刑を言い渡され、殴打されたバドは幸い怪我することなく昨年10月に引退。イギリスメディア『Shields Gazette』によると、先週から疝痛に苦しめられていたバドは、引退してから1年も経たずに21歳でこの世を去ることになったようです。

この話題に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。