海外の反応「何も知らないくせに」元イングランド代表が南野拓実を酷評「南野はサラーに遠く及ばない」

元イングランド代表の解説者ダレン・ベント(36歳)が、イギリスメディア『talkSPORT』で南野拓実について以下のように語りました。

「アーセナル戦を見たが、彼らのある一定のポジションは特に疲れていた。だから、ユルゲン・クロップにはすぐにこれを解決することが求められている。彼らにはさらなる戦力の厚みが必要だと思う。マンチェスター・シティの場合、ラヒーム・スターリングが先発し、良いプレーができなければ、(リヤド)マフレズやベルナルド・シウバがいる。クオリティ面もほとんど落ちない」
「しかし、(モハメド)サラーが上手くプレーできなかったとき、ミナミノを代わりに投入するなんて誰にも言えない。彼らのレベルはまったく異なる。ミナミノは確かに点を取ったが、私からしてみれば、彼はサラーのような選手には遠く及ばない」