海外の反応「アジアの希望だった」日本人の衝撃FKに再脚光 2010W杯デンマーク戦が中国で話題に

2010年6月24日、FIFAワールドカップ南アフリカ大会のグループステージ第3節が行われ、日本がデンマークを3-1で下しました。日本は初戦でカメルーンを下し、2戦目でオランダに敗れ、グループステージ2位。デンマークも1勝1敗でしたが、わずかな得失点差で日本が上回っており、3位に位置。勝てばグループステージ突破、負ければ敗退という、まさに両チームの生き残りをかけた非常に重要な戦いでした。試合は、本田圭佑の無回転フリーキック、遠藤保仁の精密フリーキック、本田の美技から岡崎のゴールと、華麗な3得点を奪い、見事日本が勝利。決勝トーナメント進出を決めました。この試合の映像が中国動画サイトで紹介されると、中国サッカーファンからは称賛の声が続出。特に本田圭佑の獅子奮迅の活躍を褒め称えるコメントが多く寄せられていました。海外の反応の一部を紹介しますのでご覧ください。