武藤嘉紀

武藤嘉紀に関する海外の反応記事です。

武藤嘉紀 6

スペインの反応「魔法だ!」武藤嘉紀、慈悲深い芸術アシストでチームを救う 海外サポ大絶賛

現地時間1月24日にラ・リーガ第20節が開催され、武藤嘉紀と乾貴士の所属する15位エイバルが9位セルタに1-1で引き分けました。武藤嘉紀は右サイドハーフで先発出場。53分にブライアン・ヒルのスーパーゴールを浮き玉で華麗にアシストしました。武藤はこれがリーガ初アシストとなっています。75分からはCFにポジションを移し汎用性の高さも見せました。乾貴士はベンチスタート。出番は訪れませんでした。この試合に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

武藤嘉紀 11

スペインの反応「凄い!」武藤嘉紀、チーターダッシュから冷静沈着ゴール!チーム内トップの評価

現地時間1月17日にスペイン国王杯3回戦が開催され、乾貴士と武藤嘉紀の所属するするエイバルが3部のCDAナバルカルネロに1-3で敗れました。ナバルカルネロは、クラブ史上初となる国王杯ベスト16進出となっています。武藤嘉紀は先発フル出場。16分、後方からのロングパスをチーターのような猛ダッシュで追い、巧みな胸トラップで収めると、GKとの1対1を冷静に決め、先制点をマークしました。カップ戦2試合連続ゴールとなっています。スタッツサイト『SofaScore』の採点では、チーム内トップとなる7.7の評価となっています。この試合に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

乾貴士 10

スペインの反応「日本人は優秀だ」乾貴士、初ゴール&スキル無双!武藤も脅威的スピードで魅せる

現地時間1月10日にラ・リーガ第18節が行われ、乾貴士と武藤嘉紀の所属する12位エイバルが13位レバンテに1-2で敗れました。乾貴士は5試合連続の先発出場。カットインシュートや華麗なテクニックを披露した後、51分には相手のミスをついた先制ゴールを決めました。89分までプレーしています。武藤嘉紀は73分から途中出場。84分にロングボールから驚異的なスピードで抜け出しチャンスを迎えるも、シュートは相手GKに阻まれました。この試合に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

武藤嘉紀 9

スペインの反応「素晴らしい!」武藤嘉紀、ダイビングヘッドゴール&実質アシスト!勝利に貢献し海外サポ絶賛

現地時間1月7日に行われたコパ・デル・レイ2回戦で、武藤嘉紀の所属するエイバルが三部のラス・ロサスに4-3で勝利しました。武藤嘉紀は先発出場。14分に先制点となる豪快なダイビングヘッドでゴールを奪いました。この試合に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

武藤嘉紀 19

スペインの反応「素晴らしい日本人!」武藤嘉紀がラ・リーガ初ゴール!現地サポ大絶賛!乾が“タピオカ級”のゴール略奪

現地時間11月30日にラ・リーガ第11節が行われ、武藤嘉紀と乾貴士が所属するエイバルがベティスを2-0で破りました。乾と武藤は揃って先発出場。武藤は49分にエイバル加入後初ゴールをあげました。この試合に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

ニューカッスルの武藤嘉紀 11

海外「プレミアでは軽量過ぎた」武藤嘉紀が練習欠席 ドイツかスペインに移籍か?

イギリスメディア『ChronicleLive』によると、ニューカッスルは補強資金捻出のために武藤嘉紀を放出する意向のようです。同紙によると、新シーズンに向け始動したニューカッスルの練習に武藤は不在で、移籍先はブンデスリーガとラ・リーガのクラブが有力とのこと。
2018年夏にマインツからニューカッスルへ移籍金950万ポンド(当時約14億円)で移籍した武藤は、2年間で公式戦28試合2ゴール0アシストと成績は振るわず。Transfer Marktによると、市場価値はピーク時の1000万ユーロ(約12億円)から現在は550万ユーロ(6億9000万円)にまで下がりました。
この話題に対する海外の反応のをまとめましたので、ご覧ください。