20世紀アジアベストイレブン 37

中国の反応「中田は?」20世紀のアジアベスト11発表!日本最多!中国0名で発狂

5月8日、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)が、20世紀のアジア・男子ベストイレブンを発表しました。記者、元選手、専門家の投票に基づいて選出されています。日本、韓国、サウジアラビアから最多の3名が選出。この発表が中国で話題になっています。自国から一人も選出されなかった中国のサッカーファンから、不満を抱く声などが散見しました。この話題に対する中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

闘莉王 11

中国の反応「並外れた記録」あの日本人が世界2位!21世紀のDF得点ランキング

2月17日、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)が「21世紀におけるディフェンダーの得点ランキング」を発表しました。二位にランクインしたのは、元日本代表DF田中マルクス闘莉王。104ゴール(J2での得点は除く)を記録しており、21世紀に100ゴール以上を記録したディフェンダーはセルヒオ・ラモスと田中マルクス闘莉王のみとなっています。このランキングが中国で話題になっていましたので、コメントの一部を紹介します。