石田の負傷シーン 129

韓国の反応「良心はないのか」新天地デビューの日本人Kリーガー、危険タックルを受け靭帯断裂

2014年に京都サンガF.C.でプロデビューし、以降、SC相模原、ザスパクサツ群馬、アスルクラロ沼津などでプレーしてきた石田雅俊(26)。2019年にKリーグ2(2部)の安山グリナースFCに入団し9ゴール1アシストを記録すると、その活躍が認められ、2020シーズンには同じく二部の水原FCへ移籍。同シーズンに10ゴール4アシストの活躍を見せ、チームの1部昇格に貢献しました。今季は、Kリーグ1(一部)の江原FCへステップアップ移籍を果たしましたが、リーグ戦では9試合しか出場機会を与えられず、6月25日に二部の大田ハナシチズンへレンタル移籍することに。そんな石田は6月26日に行われたKリーグ2第18節で新天地デビューを果たしたのですが、相手選手のスライディングで靭帯断裂の重症を負ったようです。石田の負傷は韓国サッカーファンの間でも話題になっていました。この話題に対する韓国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

イ・ドンジュン 42

韓国の反応「冨安が憑依」冨安健洋に肘打ちした韓国人、報いを受ける

先月行われた日本対韓国の親善試合で、冨安健洋に肘打ちをし歯を折った韓国代表FWイ・ドンジュン。冨安健洋の大人な対応で救われたイ・ドンジュンでしたが、日本と韓国のファンからは非難の声が殺到しました。そんなイ・ドンジュンが、先日行われたKリーグの試合で似たようなファールを受け、韓国で話題になっています。この話題に対する韓国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

道渕諒平獲得に対する抗議 26

韓国の反応「実力は本物だけど…」“女性DV問題”で韓国移籍の日本人、現地で猛抗議される

昨年10月、交際女性への暴力が週刊誌に報じられ、J1・ベガルタ仙台を解雇された道渕諒平(26)。退団後は韓国二部の忠南牙山に入団し、3試合2ゴール1アシストの大活躍を見せていますが、さっそく窮地に立たされています。現地では市民団体が「犯罪歴のある選手の加入には問題がある」として道渕を解雇するよう求める抗議活動が始まって物議を醸しています。韓国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

道渕諒平 20

韓国の反応「上手いな」“女性DV”で仙台クビの日本人、韓国二部で大活躍!韓国人絶賛

3月13日にKリーグ2(韓国二部)第3節が行われ、道渕諒平(26)の所属する忠南牙山FCが釜山アイパークに4-0で勝利しました。道渕諒平は右サイドで先発出場。2ゴール1アシストの活躍でチームを勝利に導きました。この話題に対する韓国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。