海外の反応「東アジア屈指のDFは日本人ばかり」“アジア最強”冨安健洋のプレー集を見た中国人から称賛続出

冨安健洋

昨シーズン、セリエAでボローニャの主力として29試合1ゴール3アシストを記録した冨安健洋(22)。その活躍が認められ、transfer marktの推定市場価値は1800万ユーロ(約22億4000万円)にまで上昇しました。

今季は主戦場をサイドバックから本来のセンターバックへと移し、主力として若きチームを牽引しています。

そんな冨安は中国でも”アジア最強DF”として知られており、プレー集には多くのコメントが寄せられています。中国の反応をまとめましたのでご覧ください。

    中国の反応

    冨安は両足が使えるサイドバックで、センターバックでもプレーできる。
    スピードと高さも兼ね備えていて、ボールさばきも素晴らしい。
    そして最も重要なのは…わずか21歳だということ。 +2

    かなり優秀なディフェンダーだね

    逆足精度 星5

    アジアNo.1のディフェンダー。
    数年以内にビッグクラブへ行くと言われている。

    想像と違い、フィジカルが強くデュエルで上手く戦えている。
    パスも上手いね。

    センターバックだと普通、サイドバックだと良いね。

    イラン戦を見たんだけど、センターバックとしてもかなり安定していたよ。

    アジアだと冨安健洋は最高峰のセンターバックだよ。
    でも欧州だとちょっと…
    彼は欧州だとサイドバックが合っていると思う。

    クラブではサイドバックだけど(※少し前のコメント)、代表ではセンターバックだよ。
    いずれにせよまだ21歳だ。ネクスト吉田麻也だよ。

    ミランに来てくれたらいいのになあ。

    189cmの吉田麻也を除いて、190cm近い日本人ディフェンダーはほとんどいない。
    俺が知る限り、高身長の日本人ディフェンダーはこの二人だけだ。
    +3

    日本のほとんどのコーチは足元の技術を重視してるからね。
    高身長は足元の技術がないと考えている。

    テクニックも対人も素晴らしいね。パスも良い感じだ。 +3

    冨安半端ないって!あいつ半端ないって!
    身長高いくせにめっちゃ速いもん…兼ね備えられる普通?
    言っといてや兼ね備えてるんやったら… +2

    正直、彼はセンターバックとしての身体能力と守備の才能があるから、5大リーグの中上位の主力になることも、名門で地位を築くことも可能だと思う。

    日本人のフィジカルは比較的弱い方なんだけど、東アジア屈指のディフェンダーは日本人ばかりだね…

    ステレオタイプだ。
    現在の日本人CBはみんな屈強だよ。

    ディフェンダーは前線の選手よりも育成が難しい。

    ミランサポ 現在、日本人プレーヤーのレベルは非常に高く、才能も優れている。
    冨安がミランに来ることについて、全く悪いことだとは思わない。
    実際、ミハイロビッチ監督の下で本田は良いパフォーマンスをしていた。
    日本人選手を過小評価してはいけないよ。 +5

    ミランサポ 日本人選手の技術は本当に素晴らしい。意識も高いしね。
    一般的に身長は低いが、彼は188cmもある。
    あとは少し鍛えるだけ。将来有望だ。

    ミランサポ 獲得するには高すぎるから難しいのでは…
    能力的にはミランでも問題ないと思うけどね。

    こんな選手がいて羨ましいわ +1

    ミラン戦のスーパーゴールに対する反応

    このシュートは本当に凄いな +16

    すげえ! +2

    ウーレイにこれができるか?

    日本サッカーは俺たちよりも遥かに優れている。
    経済も文化(ノーベル賞を参考)もテクノロジーもね。

    日本の経済成長を見る限り、中国より優れているとは思えない。
    そして中国のテクノロジーも追いついてきているよ。
    日本は科学技術において、少しあぐらをかいているね。

    日本人ディフェンダーのホープだ

    あのコース…素晴らしい。

    管理人アブちゃん

    最近は少し守備で苦戦していますが、センターバックとして5大リーグで1シーズン戦うのは初めてなので、慣れが必要なのでしょう。乗り越えてくれると思います。

    \ Twitterをフォローする /