海外の反応「上手すぎる!」高校サッカー選手権・開幕戦でゴラッソ祭り!中国から羨望の声

高校サッカー選手権開幕戦

12月28日に第100回全国高校サッカー選手権が開幕。

記念すべき第100回大会の開幕戦は国立競技場で開催され、東京・関東第一高校が大分・中津東高校に6-0で勝利しました。

試合開始から試合の主導権を握る関東一は13分にMF若松歩が右CKからのこぼれ球を押し込み先制に成功すると、22分にはFW坂井航太が決め追加点を奪取。さらに、前半終了間際にもMF藤井日向のゴールで1点を追加し前半を3-0で折り返す。

後半に入っても攻撃の手を緩めない関東一は後半開始直後にFW本間凛が4点目を決めると、その後もMF平形京太、MF肥田野蓮治がゴールネットを揺らし6-0で中津東を下し2回戦進出を決めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bc300a7d4a69145b0baa62f46fe56d8d43c32842

この試合は日本の高校サッカーに対する関心が高い中国のネット上でも話題になっています。スーパーゴールの数々に羨望の声が多数寄せられていました。

中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

海外の反応

中国 中国スーパーリーグのどのゴールよりも優れているんだが😂

中国 最初のゴールを見て驚いたんだけど、ゴール裏からの映像を見てさらに驚いたよ。
どのゴールも見事だ。我が国との差が大きすぎる。

中国 あの2点目の反転シュートができる中国スーパーリーグの選手はほとんどいないだろうね😭
羨ましい。
プロではなく高校サッカーの試合なのに🍋

中国 なんてこった。
このクロス、トラップ、ロングシュート、イマジネーション…

中国 華麗な連携と正確なシュートから生まれたゴールだね。
中国スーパーリーグのゴール:外国人のゴール or 対戦相手の低レベルなミス。

中国 これが基盤と呼ばれるものなんだよ。
基盤には施設、スタッフ、観客も含まれる。彼らの高校サッカー大会は、放送、会場、観客の全てでプロリーグを参考にしている。
一方、我が国の二部リーグや三部リーグは、放送の準備不足で視聴できないことがある。
これが格差なんだよ!

中国 本当に優秀な選手たちだ。羨望しかない。
中国の子供たちは疲れすぎていてサッカーをやる余裕がない。
親はさらに疲れている。

中国 くそっ、中国代表を倒せそうな気がするよ…

中国 技術面では、中国スーパーリーグよりも優れているんじゃないか?

中国 決定力が高すぎる

中国 プレースピードはうちのリーグよりも速いな

中国 これは老陳酢でもレモンでもない。硫酸だ。

中国 第100回だと😲

中国 重要なのは「第100回」大会だということだ。中国は何回開催しているんだ?

中国 上手すぎる!
高校サッカーの大会なのにプロのレベルに見えるよ😏
逆に、中国スーパーリーグは学生レベルに見える。
彼らの高校は勉強も重視しているんだ。単なる体育学校じゃないんだよ。

中国 高校サッカーとは思えないほどのレベルだ。
我が国の学生たちは、本当にサッカーをする時間がない😥

中国 実際のところ、代表チームの成績を追求する必要はないと思う。
サッカーが子供たちの楽しい趣味として根付いてくれればそれでいいわ。

中国 一部の人たちは、まだワールドカップ予選で日本から勝ち点を獲得することを夢見ている😂

中国 別に驚くことではないよ。
そもそも中国にはこのようなサッカー文化やサッカー教育がないからね。
彼らほどサッカーが盛んではないんだ。

中国 この格差は一世代で追いつけるようなものではない。

中国 この年齢でもエリア内で落ち着いて賢くボールを扱っているね。

中国 これこそがサッカーが持つべき影響力なんだよ

中国 ゴールが決まるたびに、思わず感嘆の声が漏れてしまったよ!
日本サッカーが盛り上がらないわけがない!

中国 中国人はサッカーというスポーツに向いていない!土壌がないんだ!
アフリカで水泳が発展していない理由と同じだよ!

中国 国内にも高校生の大会があって、試合を見たことがあるんだけど、会場は悪くないのに誰も見ていないんだ。
見ようと思えば誰でも見ることができるのに、他国の学生サッカーを羨ましがっている😓

中国 羨ましすぎておかしくなりそうだ。
6ゴールすべてが素晴らしい。

中国 中国の育成:フィジカルが強ければ、技術的に荒くても問題ありません。

中国 中国にはeスポーツの全国大会があるだろ😂

中国 これが高校生だと?😭

中国 これは漫画ですか?キャプテン翼?

中国 「キャプテン翼」のような全国大会、本当に羨ましい

中国 高校時代にこのような大会があったらどんなに良かったことか。

管理人アブちゃんのアイコン 管理人アブちゃん

最後のゴールを決めた関東第一の10番・肥田野蓮治の父親が国立競技場の建設に携わっていたようですね。

「国立」には不思議な縁がある。肥田野の父・英生さん(48)は、2年前に国立競技場の建設に携わった。冷暖房の設備を造りながら「いつか息子がここでプレーするのか」と心待ちにしていた。試合前日には、息子から「点を決めてみせる」とメッセージが。宣言通りの活躍に英生さんは「力の抜けた良いプレーだった」と目を細めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e181f57c8b47d5df7d95b934a3ce70beaf4c1d44
\ Twitterをフォローする /
24 Comments
高評価順
新着順 古い順
Inline Feedbacks
View all comments