学生・ユース

学生・ユースに関する海外の反応記事です。

部活動をする日本の学生たち

中国の反応:日本の放課後の部活動に中国から羨望の声「アニメで見たシーン」「日本はスポーツ強国」【海外の反応】

中学生、高校生の大半が加入する日本の「部活動」。文化系の部活動も含めると9割が加入しているようです。様々な選択肢がある日本と違い、中国では勉強が成功への唯一の道と考えられているようで、SNS上でも日本の部活動に対する羨望の声をよく見かけます。そんななか、日本の部活動の様子を収めた動画が中国のSNSで話題になっています。

来日した中国代表の若手選手たち

中国の反応:中国代表が日本遠征で12戦全勝!JFAが発表「日本は謙虚」「ユースの勝敗は重要ではない」「日本には敬服せざるを得ない」【海外の反応】

日本サッカー協会の公式Xが10日、今年4月に来日したU-14中国代表、U-14中国女子代表、U-15中国代表とのトレーニングマッチの結果を公開。中国代表の12戦全勝だったことが中国で話題になっています。この結果に対する中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

大学サッカー日韓戦

韓国の反応:大学サッカー日韓戦で日本が3連勝「もう日本をライバルだと言ってはいけない」「今後10年は日本にサッカーでは敵わない」【海外の反応】

3月24日に大学サッカーの日韓戦「DENSO CUP SOCCER 第23回大学日韓定期戦」が韓国・安養総合運動場で行われ、全日本大学選抜が全韓国大学選抜に2-0で勝利しました。 昨年から日本に3連敗となった韓国では嘆きの声が上がっています。韓国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

サッカーボール

海外の反応:元中国代表FWが高校サッカー決勝を観戦し感銘!中国人「日本のスポーツには感心せざるを得ない」

昨年4月現役を引退した元中国代表FW楊旭(36)が8日に行われた第102回全国高校サッカー選手権大会の決勝戦を生観戦したことを自身のSNSで報告。「日本はまた1年進歩し、中国はまた1年足踏み」とコメントし、中国で話題になっています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

青森山田対近江高校

海外の反応:高校サッカー決勝の観客数とレベルに中国衝撃「彼らのサッカーIQが高いのは勉強もしているからだ」

1月8日に国立競技場で第102回全国高校サッカー選手権大会の決勝戦が行われ、青森山田(青森)が近江(滋賀)と対戦。青森山田が3-1で勝利し、2大会ぶり4度目の優勝を果たしました。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

全国高校サッカー選手権大会の準決勝に対する中国の反応

中国の反応:高校サッカー準決勝2試合のレベルの高さに中国衝撃「日本がアジアを席巻できるのも不思議ではない」【海外の反応】

1月6日に全国高校サッカー選手権大会の準決勝が行われ、青森山田が市立船橋に1-1(PK4-2)、近江が堀越に3-1で勝利しました。決勝は優勝候補の青森山田と、名だたる強豪校を撃破してきた近江による、注目の一戦となっています。日本の全国高校サッカー選手権大会は中国でも注目度が高く、準決勝の2試合に対して中国のサッカーファンから様々な声が上がっています。

神村学園対近江

中国人「これがサッカーの魅力」高校サッカー準々決勝の“神試合”に中国驚嘆【海外の反応】

第102回全国高校サッカー選手権大会の準々決勝が4日に行われ、近江(滋賀)が超高校級トリオ擁する神村学園(鹿児島)に4-3で勝利しました。近江と神村学園の試合は中国のネット上でも注目を集めています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

高校サッカー2回戦のスーパーゴール集

海外の反応:高校サッカー2回戦のスーパーゴール集に海外衝撃「まるでプロの試合」「子供を日本の高校に通わせたい」

第102回全国高校サッカー選手権大会の3回戦が2日に行われ、ベスト8が出揃いました。青森山田、神村学園などの注目校は2回戦を突破しましたが、前回大会王者の岡山学芸館は初出場の名古屋にPK戦で破れ敗退しました。そんななか、2回戦のスーパーゴール集が海外で注目を集めています。

名和田のゴール

海外の反応:日本の次世代エースが初得点!教科書通りのビルドアップ弾に中国驚嘆「高校生とは思えない」「みんなサッカーIQが高い」

名和田擁する神村学園(鹿児島)は31日の全国高校サッカー選手権大会2回戦で松本国際(長野)と対戦。名和田のゴールを含む2得点を決めた神村学園が2-0で勝利し、3回戦に進出しました。名和田のゴールは中国のネット上でも話題になっています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

静岡学園DF野田のゴール

海外の反応:名門高校の華麗なカウンター連携弾に中国震撼「日本サッカーは凄い」「高校生ですでにティキタカをマスターしている」

12月29日に第102回全国高校サッカー選手権大会の1回戦が行われ、優勝候補・静岡学園(静岡)が明徳義塾(高知)と対戦。GK中村圭佑(東京ヴェルディ)、MF高田優(徳島ヴォルティス)、FW神田奏真(川崎フロンターレ)とJ内定者3人を擁する優勝候補・静岡学園が力の差を見せつけ、6-0と大勝を収めました。この試合でDF野田裕人が決めた静岡学園の2点目のカウンター弾が中国のネット上で紹介され注目を集めています。

仙台育英対神戸弘陵

海外の反応:高校サッカーで生まれた“パス11本”圧巻連携弾に中国衝撃「完全にプロレベル」

第102回全国高校サッカー選手権大会の1回戦が29日に行われ、神戸弘陵高(兵庫)が仙台育英高(宮城)に4-0で勝利しました。この試合で神戸弘陵が決めた圧巻のパスワーク弾が中国のネット上で紹介され話題になっています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

高校サッカー選手権の一回戦

海外の反応:高校サッカー1回戦で生まれたスーパーゴールの数々に中国衝撃「この民族は恐ろしい」「毎年スローインの怪物が現れるね」

12月29日に第102回全国高校サッカー選手権大会の1回戦が行われ、2回戦の対戦カードが決まりました。プレミアリーグ勢はいずれも白星スタート。清水エスパルス加入が内定している市立船橋FW郡司璃来(3年)が今大会初のハットトリックを達成しています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

全国高校サッカー選手権大会の開会式

海外の反応:高校サッカー選手権の開会式と開幕戦に中国羨望「来世は日本でサッカーがしたい」「こんなに観客がいるのか」

12月28日に第102回全国高校サッカー選手権大会が国立競技場で開幕。開幕戦は初出場校同士の対決で、広島国際学院(広島)が早稲田実業高校(東京B)に2-0で勝利しました。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

高校サッカーの応援文化

海外の反応:日本の高校サッカー応援文化に中国羨望「羨ましい限り」「女子もこんなにたくさんいるのか」

毎年大きな盛り上がりを見せる全国高校サッカー選手権大会。中国でも同大会は注目度が高く、選手のレベル、放送環境、観客数などが毎年話題になっています。そんななか、日本の高校サッカーの応援文化が中国のSNSなどで注目を集めています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

日本の高校生カップル

海外の反応:日本の高校生カップルに中国羨望「日本ではサッカー部員がモテる」「彼女可愛い」「羨ましい限りだ」

日本の高校生カップルのインタビュー動画が中国のSNSで紹介され話題になっています。高校生以下の恋愛がタブー視されている中国から、照れ屋なサッカー部の彼氏と可愛い彼女のホッコリする絡みに羨望の声が多数寄せられていました。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

サンフレッチェ広島ユース戦で青森山田が決めたロングスロー弾

海外の反応:日本の高校最高峰の戦いで劇的同点弾が物議 中国人「なんて腕力だ」「完全に誤審」「選手たちは礼儀正しい」

12月10日に高円宮杯U-18プレミアリーグ2023ファイナルが行われ、EAST王者の青森山田がWEST王者の広島ユースを2-1で下し、4年ぶり3度目の優勝を果たしました。各12チームが争うリーグ戦で首位となった2チームが優勝を争う決勝戦。青森山田は1点ビハインドで迎えた90分にDF小沼蒼珠のロングスローからのオウンゴールで同点に追いつくと、同アディショナルタイム4分にはFW津島巧が勝ち越しゴールを決め、これが決勝弾となりました。この同点弾となったロングスローの場面が物議を醸しています。

デンソーカップで日本が韓国に2-1で勝利

韓国の反応:日本の大学生に敗れ歴史的屈辱!韓国のメディアとファンが嘆く「また負けた」「日本はどのスポーツでも全盛期を迎えている」【海外の反応】

9月24日にDENSO CUP SOCCER 第22回大学日韓定期戦が韓国・安養総合運動場で行われ、全日本大学選抜が全韓國大学選抜に2-1で勝利。韓国のサッカーファンからも嘆きの声が上がっています。韓国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

青森山田の小沼蒼珠がロングスロー弾を決める

海外の反応:日本の高校生の30m超ロングスロー弾に中国衝撃「凄すぎる」「驚異的な腕力」

青森山田高校は24日、高校年代最高峰のリーグである高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第15節で流経大柏高校と対戦し、3-2で勝利。首位に浮上しました。青森山田の1-2のビハインドで迎えた後半35分、DF小沼蒼珠(2年)がロングスローから珍しい形で得点し、その映像が中国のネット上で話題になっています。

サッカーボール

日本の興国高校がU18中国代表を3-1で下す 中国人「日本にはこのような高校が少なくとも30校はある」【海外の反応】

1993年から東アジアの青少年スポーツ交流を促進して交流を深め、それぞれの競技力向上を図るために行われてきた「日・韓・中ジュニア交流競技会」。日本、韓国、中国が持ち回って開催している同大会は今回、日本の和歌山県で第31回を迎え、8月23から29日まで、全11競技でしのぎを削りました。そんな同大会で、大会に参加していたU-18サッカー中国代表が日本の興国高校に1-3で敗れ、中国に衝撃が走っています。