海外クラブに関する海外の反応記事です。

ブンデスリーガで活躍する日本人選手たち

海外の反応「羨ましい」ドイツで活躍する日本人選手をリーグ公式が特集!中国から羨望の声

ドイツのブンデスリーガは19日、公式ウェブサイトで「なぜ日本とブンデスリーガは完璧に合うのか?」と題した記事を公開しました。この記事が中国のネット上でも話題になっています。この話題に対する中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

マン・オブ・ザ・マッチに輝いた旗手怜央

海外の反応「並外れた才能の持ち主だ」MOMに輝いた旗手怜央のデビュー戦タッチ集にセルティックサポ熱狂

現地時間1月17日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第21節のハイバーニアン戦で圧巻のプレーを披露し、デビュー戦でいきなりファンの心を掴んだセルティックの旗手怜央(24)。攻守に躍動し、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに輝きました。この試合の旗手の戦タッチ集がセルティックサポーターの間で話題になっています。海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

久保建英とウー・レイ

中国「日本は民度が高い」中国メディアが久保とウー・レイの対決に嘆き!日本からはウー・レイ擁護の声【海外の反応】

現地時間1月15日に開催されたコパ・デル・レイ4回戦で、久保建英が所属するマジョルカが、中国代表FWウー・レイの所属するエスパニョールに2-1で勝利し、8強入りを決めました。この試合で見事なFKを決めチームを勝利に導いた久保建英とは対照的に、後半アディショナルタイムに途中し、絶好のチャンスを逃したウー・レイ。母国メディアやファンから嘆きの声が上がる中、日本人のウー・レイを擁護する以下のコメントが中国のネット上で紹介され話題になっています。これらのコメントに対して、中国からは感銘の声が寄せられていました。中国の反応をまとめましたのでご覧ください。

奥川雅也

海外の反応「日本は選手層が厚すぎる」日本人がドイツでゴール量産!熟練技術に中国から称賛の声続出

現地時間1月16日に行なわれたブンデスリーガ第19節ビーレフェルト対グロイター・フュルト戦は、2-2のドローに終わった。この試合に先発した前者のMF奥川雅也は、8分に先制点を叩き込み、今シーズン7点目をマークしている。

前田大然

海外の反応「日本大好き」前田大然が電光石火の先制弾!旗手怜央はMOM!日本人がセルティックデビュー戦で躍動!

現地1月17日に開催されているスコットランド・リーグ第21節で、今冬に横浜F・マリノスからセルティックに新加入した前田大然が衝撃のゴールを挙げた。旗手玲央とともにいきなり先発に名を連ね、故障中の古橋亨梧に代わってCFに入ったストライカーは開始4分、ロギッチが右サイドから供給したパスにダイレクトに合わせ、見事にネットを揺らしてみせた。デビューかたわずか4分で奪った電光石火の先制弾に、本拠地セルティック・パークは熱狂に包まれた。

鎌田大地

海外の反応「絵画のように美しい」日本人の“極上”ダブルタッチゴールに中国驚愕!

現地時間16日にブンデスリーガ第19節が開催され、8位フランクフルトが16位アウクスブルクと1-1で引き分けました。発出場した鎌田大地は22分に先制点となる技ありゴールを決め、今季リーグ戦2点目を記録。このゴールに対する中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

遠藤航

海外の反応「来て欲しい」遠藤航がプレミア進出!?アストン・ヴィラが獲得興味か

『AVFC Transfers & News』(フォロワー3800人の個人アカウント)によると、プレミアリーグのアストン・ヴィラFCが、シュツットガルトの日本代表MF遠藤航の獲得に興味を示しているようです。この話題に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

奥川雅也

海外の反応「神だ」奥川雅也が忍者ドリブルから4戦連続ゴール!圧巻の今季8得点目に現地衝撃

ブンデスリーガ第19節が16日に行われ、MF奥川雅也が所属する17位ビーレフェルトは18位グロイター・フュルトと対戦した。奥川はフル出場した。
試合は8分にビーレフェルトが先制する。ペナルティエリア手前でフロリアン・クリューガーの落としを受けた奥川はドリブルでボックス右に侵入。そのまま右足を振り抜き、ゴール左下へと流し込んだ。奥川は4試合連続のゴールとなり、今季ブンデスリーガで7点目を記録した。

鎌田大地

海外の反応「凄すぎる」鎌田大地が常軌を逸したタッチで今季5点目!現地サポから称賛続出

フランクフルトは長谷部誠、鎌田大地が揃って先発。前線はラファエル・ボレ、イェスパー・リンドストロムの2トップとなった。試合はホームのアウクスブルクがボールを持つ時間が長くなっていく。フランクフルトは前から激しいプレッシングをかけるが、なかなか捕まえることができない。それでも23分にフランクフルトがチャンスをつかむ。ボレのスルーパスに抜け出した鎌田が鼻先でGKをかわす。そのままダブルタッチの動きで無人のゴールへと流し込み、貴重な先制点を記録した。鎌田は技巧弾で今季公式戦5ゴール目を記録。ブンデスリーガでは2得点目となった。