海外の反応:名門高校の華麗なカウンター連携弾に中国震撼「日本サッカーは凄い」「高校生ですでにティキタカをマスターしている」

静岡学園DF野田のゴール

12月29日に第102回全国高校サッカー選手権大会の1回戦が行われ、優勝候補・静岡学園(静岡)が明徳義塾(高知)と対戦。

GK中村圭佑(東京ヴェルディ)、MF高田優(徳島ヴォルティス)、FW神田奏真(川崎フロンターレ)とJ内定者3人を擁する優勝候補・静岡学園が力の差を見せつけ、6-0と大勝を収めました。

立ち上がりから勢いよく敵陣に攻め込んだ静岡学園は前半3分、セットプレーの2次攻撃からMF志賀小政が中央にクロスを入れると、攻撃参加していたDF大村海心が押し込んで先制ゴールを奪った。さらに前半16分、スピード感のある攻撃で中央を割ると、右に出たラストパスに攻撃参加したDF野田裕人が反応してGKとの1対1を冷静に蹴り込んで2-0とリードを奪った。

 明徳義塾も中盤を省略して前線に入れたボールに対して押し上げる攻撃で何度か静岡学園のペナルティーエリア内まで入り込んだがゴールは奪えず、2点差のまま前半を終えた。

 静岡学園は後半10分、右から野田が上げたクロスに神田が頭で合わせて追加点。この日が18歳の誕生日のエースにうれしい大会初ゴールが生まれた。スタンドの応援団からも、ハッピーバースデーの歌が鳴り響いた。さらに13分、再び野田のクロスに神田がヘディングで合わせるリプレイのような形で4-0となった。

 その後も静岡学園がボールを持ち、明徳義塾はカウンターに活路を見出そうとする試合展開は変わらずに推移。静岡学園は後半30分にはコーナーキックから大村がヘディングシュートで追加点を奪い、ラストプレーで高田が直接フリーキックを決めて6-0で試合終了。28日の開幕戦を制した広島国際学院(広島)と31日の2回戦で対戦する。

https://www.football-zone.net/archives/497791

この試合でDF野田裕人が決めた静岡学園の2点目のカウンター弾が中国のネット上で紹介され注目を集めています。

中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

海外の反応

サッカーファン/中国プレアシストをした選手の相手を躱す動きが上手すぎるわ。

サッカーファン/中国コンビネーションが凄いね👍

サッカーファン/中国この走りながらの連携は目の保養だ。

サッカーファン/中国まるでバスケのような滑らかなパス交換だ。

サッカーファン/中国素晴らしい。高校生ですでにティキタカをマスターしているなんて。

サッカーファン/中国羨ましすぎる。サッカーの人材が次々に出てくるし、このパスワークや基本となる技術も素晴らしい!

サッカーファン/中国流れるようなパスワークだな。

サッカーファン/中国こんなに雰囲気のいい学生リーグがあるのが羨ましい。とても幸せなサッカー人生だね。

サッカーファン/中国攻守どちらもとても激しいね。

サッカーファン/中国プレーがどうというよりも、この雰囲気を見てみろ。羨ましい。

サッカーファン/中国中国にもこれほどレベルの高い高校生の大会があればいいのに。

サッカーファン/中国チアガールもいるのが羨ましい。

サッカーファン/中国日本では小学校から大学まで、多くの部活動があり、多くの部員がいて、各地域で年中大会が開催されているんだよね。

サッカーファン/中国唯一日本に嫉妬する分野。

サッカーファン/中国学校スポーツがかなり盛り上がるんだよね。

サッカーファン/中国むしろ第102回というのが気になるんだけど、100年以上も開催されてきたのか?

サッカーファン/中国実際には102年以上だ。第二次世界大戦で数年間中断しているからね。

サッカーファン/中国これに関しては認めざるを得ない。サッカーの発展や雰囲気は間違いなく中国よりはるかに上だ。

サッカーファン/中国これらのプレーが中国のプロ選手よりもスムーズに見えるのはどうしてだろう😂

サッカーファン/中国はっきり言って、同年代の中国代表チームは日本最強の高校生チームに勝てない。
日本の高校生の比較的優秀な選手たちはみんなJリーグに行くしね。

サッカーファン/中国彼らは高校卒業後、配達員をしたり普通の労働者として働いたりするかもしれないが、この輝かしい青春時代を決して忘れることはないだろうね。

サッカーファン/中国中国では大学卒業後も配達員をしたり普通の労働者として働いたりするかもしれないが、子供たちは詰め込み学習の日々を決して忘れることはないだろうね。

サッカーファン/中国少年時代の美しい思い出はたくさんある。今の子供たちは本当に可哀想だ。休み時間に走ったりふざけて遊んだりすることもできない。

サッカーファン/中国青春は一度だけ。

サッカーファン/中国全国民のためのスポーツは、社会全体を精神的に活気づかせる。奮闘、努力、応援、これらの言葉は世代を超えて国民を鼓舞する。これこそが青春を生きる意味であり、問題を解いたり、最後に教科書を破り捨てストレスを解消したりすることではない😭

2018年6月6日、澎湃新聞は、中国安徽省の高校で、大学入試を前に生徒らが教科書を破って窓から投げ捨てるのを校長が容認していると伝えた。

記事は、「3日、安徽省池州市の池州一中の生徒が、大学入試に臨むにあたってストレス解消のために、教科書を破り捨てて教室の窓から投げ捨てた。破られた教科書は宙を舞い、地面は白い紙で覆われた」と紹介。その様子の動画も掲載している。

この学校の校長は、こうした行為について「われわれも現場にいたが、別に言うことはない。子どもだし、ストレス解消だろう。別に反対はしない。学生なら正常なことだ」と発言。これに対し、中国のネットユーザーから「こういうストレス解消方法は採用すべきではないと思う」「ストレス解消の方法はいろいろある。こういう方法には軽々しく賛同できない。空一面の紙くずは環境を蔑視しているし、教科書は学生の象徴だ。教科書を破ることは自分を尊重していないことになる」「この校長は、『理解はできるが賛同できない』というべきだった」など、反対意見が多く寄せられた。

https://www.recordchina.co.jp/b609604-s0-c30-d0062.html

サッカーファン/中国スタジアムの質もかなり高いな。

サッカーファン/中国全員がトップクラスの選手ではないのは明らかだが、相手と対峙する時のボールの扱い方や基礎技術、味方との距離感やポジショニングは非常に合理的だ。
学生サッカーのトレーニングにおける土壌の素晴らしさを物語っている。

サッカーファン/中国静岡学園は今年優勝できそうだね。

サッカーファン/中国中国だったら中盤の攻防ですでに相手を倒していただろうね。私たちのコーチならそう教える。

サッカーファン/中国中国スーパーリーグよりもテンポが速い。

サッカーファン/中国少年強則国強。

中国では「少年強則国強」という言葉が広く知られている。これは清朝末期の政治家であり、ジャーナリストでもあった梁啓超による散文に登場する一節で、「子どもが優れていれば、国も優れる」という意味合いの言葉だ。

少年強則国強

サッカーファン/中国幸せな高校生活。

サッカーファン/中国あるスポーツが深い文化的遺産を持っていれば、必然的にレベルも高くなる。これは一見役に立たなそうだがおそらく最も重要なもので、私たちに欠けているものでもある。

サッカーファン/中国どんなに素晴らしいゴールも恐ろしくはない。最も恐ろしいのは102回も開催していることだ。

サッカーファン/中国日本サッカーは本当に凄いわ。

管理人アブちゃんのアイコン 管理人アブちゃん

川崎フロンターレ内定のエース神田奏真くんのプレー集。
今後が楽しみですね。

10 Comments
高評価順
新着順 古い順