中国の反応「日本は恐ろしい」元日本代表の“中国警戒”発言に中国感心

北澤豪

元サッカー日本代表MF北澤豪(52)の中国代表を警戒する発言が中国で話題になっています。

北澤の発言は以下の通り。

中東勢が集まったA組とは違い、B組は様々なスタイルを持ったチームが集まった印象だ。ライバルはオーストラリア、サウジアラビア、中国。日本を含めた4チームでの上位争いが予想される中で、オマーンとベトナムには、11月に予定されているアウェー2連戦でも勝ち点3を取りたいところ。

オーストラリアは世代交代を進めている最中。日本が長年苦しめられたFWケーヒル(18年に引退)のような絶対的な選手はいない。今の日本は以前のように高さに弱いチームではないだけに、恐れずに戦えるはずだ。サウジアラビアは19年アジア杯での対戦時は、チームとして整っていた印象があった。以前のような大雑把でも予測不可能な攻撃の方が怖い。

不気味なのは中国。力のある帰化選手は、少ないチャンスでも決めきる力がある。ブラジルから帰化したFWエウケソン(広州FC)は、数年前よりはやや力は落ちている印象だが、勝負へのポイントはわかっている選手。一瞬の油断も許されない試合になる。

https://hochi.news/articles/20210701-OHT1T51240.html

この報道を見た中国のサッカーファンから、北澤の発言に対する感心の声が多数寄せられていました。

この話題に対する中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

    中国の反応

    日本人は謙虚過ぎる

    非常に綿密な分析だ

    誰もがトップは日本であることを理解している。謙遜しなくていいよ😂

    強くなればなるほど謙虚になり、弱くなればなるほど傲慢になる +50

    ベトナム「私に直接言ったらどうだ?」

    日本のような強豪は低姿勢になっていき、ベトナムのようなチームは威勢よく叫ぶ。

    日本とベトナムは、我々に対する見方が完全に対照的だね

    北澤豪は、ウイニングイレブンの日本人解説者だよ

    これは離間策だ

    自分に厳しすぎるよ

    彼は考えすぎだと思う

    感情的知性が高いね

    日本人は儒教と易経を学んだが、我々はどんどん遠ざかっている

    日本は本当に恐ろしい

    軽い気持ちで言ったんだろう、中国代表は真に受けない方がいい。

    褒め殺しのプロだ

    帰化軍団を代表チームとは呼べないよ

    フランス

    むしろ帰化した選手にお金を渡して欲しいわ

    日本は監督から選手まで、みんな非常に謙虚だ。
    抗日戦争のことはさておき、日本人は間違いなく素養が高い。
    日本人の同僚が数人いるけど、彼らも比較的素養が高いんだ。

    これが日本代表の強みなんだよ。
    相手が弱くても軽視しない。

    強くなればなるほど、どんな相手であろうと試合前には用心深くなる。これこそが真の自信の表れなんだよ。
    試合前にベトナムのような表現をする強豪国が一体何チームいるんだ?
    だからこそ、中国代表は自分自身をもっとよく知るべきだ。ランクが下のオマーンやベトナムでさえも侮ってはいけない。
    12強は我々が普段戦う相手の中でも最高レベルの競争相手が揃っている。闘志を持たなければならないよ。

    どれだけ多くの外国人を帰化させることが出来るか。中国代表の実力の上限はそれで決まる。

    こういう謙虚で真面目な相手こそ本当に恐ろしい

    毛骨悚然…わざとそのような表現をしたのか?

    原文はそこまで大げさな表現ではなく「不気味」だ。
    これは人を不安、不快にさせるという意味で、「毛骨悚然」のような意味もあるけど、ここでそのように訳すのは少し不適切だ。

    毛骨悚然

    (産毛が逆立ち背骨がぞっとする→)(恐ろしくて)身の毛がよだつ,鳥肌が立つ,(寒くて)ぞっとする.

    https://cjjc.weblio.jp/content/%E6%AF%9B%E9%AA%A8%E6%82%9A%E7%84%B6

    数年前、優勝した後トロフィーを踏みつけたのはどこの国だっけ?

    今季はU-19とU-23のチームでプレイしており、蔚山現代FCから2年間のレンタル移籍で加入していたパク・キュヒョンを完全移籍にてブレーメンへと迎え入れたようだ。

    彼の名前が世に広まったのは、2019年だった。中国で行われたPanda CupでU-18韓国代表のキャプテンとして優勝を経験。しかし彼は同大会のセレモニーで、そのトロフィーを踏みつけたまま笑って写真を撮影。当時はその写真が、SNSで大きく広がっていき、彼への批判が殺到。最後には本人が謝罪の意を口にした。

    そんな経緯もあった選手だが、現在はブレーメンのアンダーチームで経験を積む。左SBとして活躍し、現在はテストマッチなどでトップチームにも帯同している。ドイツ紙『Kicker』によると来季からチームに就任するマルクス・アンファング監督からも「もう少し見たい選手だった」と高評価を与えられており、来季はトップチームへの参加も期待できそうだ。

    https://www.theworldmagazine.jp/20210702/05feature/315072

    ワールドカップをお金で買えるなら、中国が優勝するだろうね。

    怪我させられるのを恐れているんだろ

    管理人アブちゃん

    まあ実際中国の帰化選手は未知数で不気味ですよね。
    帰化選手が全員出てくれば、今までの中国戦とは全く違う試合になるでしょうし。

    \ Twitterをフォローする /