韓国の反応「日本の民度は高い」韓国レジェンド死去、日本人の追悼コメントに韓国感動

ユ・サンチョル

韓国サッカー協会は7日、元韓国代表でJリーグの横浜F・マリノスでも活躍したユ・サンチョル氏(49)が死去したことを発表しました。

2019年に仁川ユナイテッドFCの指揮官を務めていたユ・サンチョル氏は、同年11月に自身がステージ4の膵臓がんを患っていることを公表していた。

ユ・サンチョル氏は現役時代、蔚山現代FCのほかに横浜F・マリノスや柏レイソルでもプレーした。横浜FMでは、2000年のファーストステージ優勝を経験。その後、2003年に復帰すると、完全優勝に貢献した。

また、韓国代表としても124キャップを記録し、FIFAワールドカップにも1998年と2002年の2大会出場。2002年の日韓W杯では、韓国のベスト4入りに貢献した。

2006年の現役引退後は、指導者として大田ハナシチズンや全南ドラゴンズ、仁川ユナイテッドFCなどを指揮した。

KFAは、「あなたの叫び、栄光の日々を決して忘れはしません。ご冥福をお祈りいたします」とレジェンドの死を悼んだ。

2020年2月には古巣の横浜FMサポーターが、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)開幕節の全北現代戦で「頑張れ!ユ・サンチョル」と記した横断幕を掲出。リーグ優勝に大きく貢献した元韓国代表指導者に対して応援メッセージを送ると、その試合を「テレビで見ていた」というユ・サンチョル氏が、直接ファン・サポーターへ感謝を伝えたいという思いのもと来日。日産スタジアムでファン・サポーターの前に立ち、スピーチを行っていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8867e821678b449988fb4781f1bf63add7cab0bb

この報道に対して、日本のサッカーファンから追悼のコメントが殺到し、このことが韓国でも話題になっています。

韓国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

    韓国の反応

    ユ・サンチョル死去、日本のヤフーの反応

    「非常に残念です。悲しくて、さみしいです。そちらで、ぜひ松田直樹選手とサッカーを楽しんでください。ご冥福をお祈りします」

    「早すぎるよ。体調が辛い中、日産スタジアムに来てくれたのは忘れない。ご冥福を御祈りします」

    「現役の頃から愛されていた。闘病中にもかかわらず横浜に来てくれて、力強い言葉を頂けて嬉しかった。彼の前には日韓の壁は無く、一人の男を思う気持ちだけが溢れていたと思う」

    「現役の時は憎くて嫌な選手でした。Jリーグに来て彼を少し知ってファイトあふれるプレーに共感を持てました。心強かったです。ご冥福をお祈りいたします。」

    「厳しい闘いだとは思っていたが遂に、、最後までよく頑張ってくれたと思います。現役時代、横浜で大いに盛り上げてくれて闘志溢れるプレーはほんと最高でした!闘病生活も現役時代同様熱く戦ったことでしょう。まずはゆっくり休んで下さい。今までの素晴らしいプレー、闘志、闘病生活お疲れさまでした」

    「長身で体が強く、魂のヘッドと言われた空中戦の強さ。
    GK以外のすべてのポジションをこなせるユーティリィープレイヤー。
    韓国代表としてはすごい脅威だったが、Jリーグの選手として頼りになる存在」

    「彼のファイティングスピリット溢れるプレースタイルが大好きだった。敵としては代表戦で、ほんまに厄介な選手でしたが、味方にしてみれば、こんなに頼もしい奴はいませんでした。こんなに早く、さよならは言いたくなかった・・・。ご冥福をお祈りいたします」

    「ユサンチョルさんがレイソルに来てくれた事を忘れません。まだお若いのにお亡くなりになられた事は残念です。お悔やみ申し上げます。次節はアントニーニョさんとユサンチョルさんに勝利を捧げましょう」

    これがサッカーなんだよ(泣)

    ありがとうございます。

    温かい気持ちになるね。

    参考情報:松田直樹は、シン・ヨンノクが競技中に心臓麻痺で倒れたように、練習中に心臓の病で倒れた日本選手の名前だ。彼はシン・ヨンノクと違って結局亡くなってしまったけど…

    韓日サッカーファンの架け橋の役割もしたことになった…
    ユ・サンチョル選手については詳しくはわからないけど、なんとなく親しくなりたい気持ちにさせるお兄さんのような選手だったのに…

    ヤフージャパンのモニタリングをしてみると、スポーツカテゴリは他のカテゴリに比べてまだマシな方だ。
    ソン・フンミンが活躍すれば、純粋なスポーツファンが良い書き込みをするけど、否定的な話題があれば嫌韓がたくさん出てくる。

    中国だと違った反応になりそう。

    中国サッカーファンのコメントは意外と健全で正常だよ(笑)
    あいつらは最初から自国のサッカーに期待していないし、韓国と日本を兄さんのポジションだと認めている(笑)

    日本の皆さん、本当にありがとう(泣)

    こういうのを見ると、確かに日本の民度は高いね。

    ユ・サンチョル訃報に対する日本人の追悼ツイート

    「サンチョルさん。。よくここまで耐えてくれたな。もっともっと日産スタジアムで再会したかったご冥福をお祈りします」

    「ユ・サンチョルお疲れ様でした。兄貴感がとても好印象で、漢が惚れる漢でした。御冥福をお祈りします」

    「横浜F・マリノスの優勝メンバー無くなるの早いよ」

    「敵にいる時は脅威でしたが、応援したくなる、とても好きな選手でした。ご冥福をお祈りします」

    「日本での活躍はとても印象に残ってます。代表でも日韓戦で激しい戦いを見せてくれました。ご冥福をお祈りします」

    「また会えると思ってました。お疲れ様でした。ご冥福をお祈りします」

    「長髪を靡かせてズンズン前に進むイメージ。ご冥福をお祈りします」

    「韓国で闘病中とは知らなかった。日本でもJリーグでたくさん活躍してくれました。スタジアムでの思い出をありがとうございました。R.I.P」

    「現役時代は敵ながら嫌らしいけどクレバーな働きをする選手だと思ってました。病気の進行等厳しいと聞いていたものの、サッカーに何らかのかたちで再び関わる姿見たかったです。心からご冥福をお祈り申し上げます」

    「つらい…やりきれない…。マリノスに功績をあげた功労者がまたひとり…。お疲れ様でした。安らかにお眠りください。ご冥福をお祈りします。合唱」

    「今夜は酒飲んで泣いて寝る」

    「半端なかった負けず嫌いをもってしても、ステージ4までいってしまったガンには勝てなかったかぁ…」

    「とりあえず天国のサッカー場で マツ『お前来るの早えーよ!!何やってるんだよ!』『しかたねーな、よし、サッカーすんぞ!』と、早速洗礼としてサンチョル削るマツさんがいると?思う」

    「サンチョルさん、再来日の願いは叶わなかったのか…昨年の横浜での姿には、他サポながらとても感動しました。韓国サッカーのレジェンドであると共に、Jのレジェンドでもあった。苦しい戦いだったことでしょう。今はただ、安らかにお休み下さい。貴方の勇姿は忘れません」

    ありがとう、日本。 +2

    日本でもとても愛されていたんだね

    サッカーは人類共通の言語である

    これがスポーツを好きになる理由の一つだよね

    胸が熱くなるね…

    日本のメディアもユ・サンチョル元仁川ユナイテッド監督の訃報を伝えた。
    (中略)
    日本の『Football ZONE』は、「サッカー韓国代表で長年活躍し、ユーティリティプレーヤーとして知られたユ・サンチョル元監督が亡くなった」と報道。さらに、「2002年韓日W杯で韓国の4強進出に貢献。Jリーグでも通算113試合に出場し44得点を記録した」と伝えた。
    日本の『スポニチ・アネックス』は、「ユ・サンチョル元監督は、Jリーグの横浜F・マリノス、柏レイソルなどでプレーし、韓国代表にも選出され、仁川監督も務めた韓国サッカーのレジェンドだ」と伝えた。(naver)

    (TT)

    スポーツに国境はない。
    このようなものを見れば、何か胸が熱くなるね。

    政治的なことは関係なく、これがスポーツなんだなと感じるね。

    日本のサッカーファンたち、ユ・サンチョルが大好きだよね(泣)
    安らかにご永眠されますようお祈りいたします。

    Jリーグのレジェンドでもあるからね…

    サンチョル兄さんは日本でもレジェンドだよ。
    代表デビューゴールも1994年の韓日戦だし、Jリーグでも優勝を経験している。

    Jリーグ通算44ゴール(ブルブル) ミッドフィルダーなのに

    Jリーグ時代はアタッカーやサイドバックでもプレーしていた。

    あなたは英雄です。ゆっくり休んで下さい。監督。

    横浜でもてなされているのを見て驚いた。
    選手である以前に、人としても本当に素晴らしかったんだと思う。

    (2020年2月の記事)

    横浜F・マリノスは23日、J1リーグ開幕戦でガンバ大阪と対戦し、1-2で敗れた。昨季王者が黒星発進となったが、現地で観戦していたOBの元韓国代表MFユ・サンチョル氏は試合後、サポーターの前に立ち挨拶を行った。韓国メディアも大々的に取り上げ、「新たな力を吹き込んだ」と報じている。

    (中略) ユ・サンチョル氏はG大阪戦後、「実は私、体の状態が良くないのですが、遠いところから僕のことを応援してくれるんだということを知って、挨拶しなければという思いでここに来て、実際たくさんの力をもらいました」と感謝の弁を述べると、闘病生活について「私は絶対に諦めません」と力強く口にすると、スタンドから大きな拍手が送られた。

    https://www.football-zone.net/archives/248222
    管理人アブちゃんのアイコン 管理人アブちゃん

    ご冥福をお祈りいたします。

    GK以外どのポジションでもこなせたユーティリティプレイヤー柳想鐵が現役時代を振り返る。

    \ Twitterをフォローする /