海外の反応「最高のスポーツ漫画だ」累計450万部のサッカー漫画、待望のアニメ化!外国人大興奮

ブルーロック

日本の大人気サッカー漫画『ブルーロック』のアニメ化が決定し海外で話題になっています。

『週刊少年マガジン』で連載中の漫画『ブルーロック』が2022年にテレビアニメ化されることが決定した。あわせてティザービジュアル、ティザーPV、キャスト情報も公開され、主人公・潔世一役を浦和希、蜂楽廻役を海渡翼、國神錬介役を小野友樹、千切豹馬役を斉藤壮馬が担当する。

同作は、サッカーW杯で敗れた日本代表に足りない“圧倒的エゴイズムを持ったFW選手”の誕生を目指し、日本が国を挙げた高校生選手育成プロジェクトを開始するサッカー漫画。その計画の名は、“ブルーロック(青い監獄)”プロジェクト。集められたのは300人の高校生、しかも全員FWという299人のサッカー生命を犠牲に誕生する、日本サッカーに革命を起こすストライカーの誕生までを描くストーリー。

コミックスは累計450万部を突破しており、第45回講談社漫画賞少年部門も受賞した人気作品で、大久保嘉人など現役サッカー選手からも支持されている。

https://www.oricon.co.jp/news/2203189/full/

この話題に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

    海外の反応

    オーマイガー!

    ベストアニメが来た

    最高のスポーツ漫画がついにアニメ化!

    とてもワクワクしているよ!

    ああああ、待ちきれないわ😍

    素晴らしいアニメーションだね

    予告編のアニメーションを見る限り、期待できそう。
    私の男の子たちを見るのが待ちきれないわ♥

    Yes、また別のサッカーアニメが制作されるぞ!

    Yes、この漫画のアニメ化を待ち望んでいたんだ。
    2022年、最高のスポーツアニメが誕生するぞ。

    最初、赤い髪のキャラクターは少女だと思っていたよ(笑)

    俺もだ(笑)
    そして、彼のニックネームは「お嬢」

    千切豹馬

    ブルーロック

    ハイキューと東京リベンジャーズファンの腐女子は、全ての男性キャラクターを見て「誰と誰をくっつけるか考える」という楽しいひとときを過ごすだろうね。

    あの目は、黒子のバスケの「ゾーン」に少し似ているね

    ゾーン

    黒子のバスケに登場する選ばれた者だけが入れる領域

    https://dic.pixiv.net/a/%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3%28%E9%BB%92%E5%AD%90%E3%81%AE%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%29
    ゾーン

    みんな本気でハイキューと比較しているけど、スポーツやストーリーの面で正反対の作品だよ。

    きちんとしたアニメを作ることができれば、次なる目玉作品になるよ

    見る価値はあるのか?

    漫画を読んでくれ、見る価値はあるよ。『ジャガーン』と同じ作者だ。

    特殊能力系の作品?

    いや、でも本気になった時に、黒子のバスケの「ゾーン」のようなものがある。

    『ジャイアントキリング』以来、素晴らしいサッカーアニメを熱望していたから嬉しいよ。

    この漫画の問題点は、プレーの合間に喋りすぎてしまうことだけど、アニメ化は見ていて楽しいものになるはず。

    ヘマをしないことを願っているよ。
    エイトビットが素晴らしいスタジオであることは知っているけどさ。

    このアニメにはProduction I.Gの方が適していると思うけど、エイトビットも悪くないと思う。

    ブリーチが復活するのに時間がかかったのも納得だ。黒崎一護は他のアニメに出演しなければならなかったんだ。

    キャラクターたち

    一護は死神であることに飽きてしまったんだよ

    一護は次の章が待ちきれなくなり転職を決意した😂

    管理人アブちゃんのアイコン 管理人アブちゃん

    アオアシに続きブルーロックも!
    鬼滅と3スポーツリーグ(NPB・Jリーグ・B.LEAGUE)のコラボも決まりましたし、アニメとの相乗効果でどんどんサッカー人気が高まるといいですね👍

    \ Twitterをフォローする /