中国の反応「凄すぎる!」1G1Aで第28節MVPの鎌田大地を中国人称賛

鎌田大地

現地時間4月10日にブンデスリーガ第28節が行われ、鎌田大地と長谷部誠の所属する4位フランクフルトが3位ヴォルフスブルクに4-3で勝利しました。

関連記事:海外の反応「偉大な日本人!」鎌田大地、脅威の1ゴール1アシスト!3位相手に大活躍し現地サポ大絶賛!

この試合で1ゴール1アシストの大活躍を見せた鎌田大地はブンデスリーガ第28節のMVPに輝いています。

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地が、ドイツ誌『キッカー』で第28節のMVPを獲得した。

(中略) 鎌田の活躍は、ドイツメディアでも絶賛されている。『キッカー』は、フランクフルトが4-3と制した上位対決でのプレーを、A・シウバと並ぶ最高タイの「1.5」と評価。この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)、第28節ベストイレブンに選んだ上で、さらにMVPにも選出している。同誌のフランクフルト番記者は以下のように評価した。

「ヴォルフスブルク相手に4-3でのスペクタクルな勝利を収めたこの試合で、ダイチ・カマダが今季自身のベストパフォーマンスを見せた。試合早々に先制されるも、彼は15メートルからの正確なシュートでフランクフルトを即座に試合に戻した。その後には、ヨシップ・ブレカロからボールを奪って数秒後にアンドレ・シウバを旅に送り出すといった強力なプレーを披露。それら以外の場面でも、エレガントなトップ下は優れたパスワークやビジョンをもって好プレーを見せている」

「アディ・ヒュッター(監督)は『彼は最高なプレーを見せ、ピッチ上のベストプレーヤーだった』と称賛している。ほかの試合に比べても、カマダはこの試合では守備でも奮励し、デュエルの勝率は53.6パーセントとトップ下としては優れた数値を記録した。この日本代表選手は今シーズン全体の平均では41.2パーセントしか記録していなかったことも参考すべきだろう」

鎌田が『キッカー』のMVPに輝いたのは今回が初めて。同賞はシュトゥットガルトMF遠藤航が今年2月末の第23節を獲得していたが、これが日本人選手としては4年ぶりの快挙だった。なお『キッカー』は、鎌田のMVP獲得とベストイレブン入りを第28節の9試合中8試合消化時点で発表。現地時間12日に控えるホッフェンハイムvsレヴァークーゼンからほかのMVPやトップ下でのベストイレブン入りが出ない限り、日本代表MFにとって初の受賞となる。

https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/bundesliga-eintracht-frankfurt-daichi-kamada-20210412/xfp8zcn6y45t1jqff96pju7qx

中国でもこの試合の鎌田の活躍は話題になっています。

中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

    試合ハイライト 1分

    中国の反応

    凄すぎる!

    羨ましい😢

    5ゴール10アシストか、凄いな

    アジアの光だ! 眩しすぎる!
    ウーレイはこのスーパースターの陰に隠れている

    日本人プレイヤー鎌田大地が今季5ゴール10アシストを達成。フランクフルトのチャンピオンズリーグ出場のために大きく貢献した。
    リードが大きすぎるため、チャンピオンズリーグ出場は基本的に安泰だ。

    日本で二番目に優秀な選手。トップは遠藤航だ。

    トップは冨安健洋だよ

    シュート技術を見ると、日本人は優れた基礎技術を持っていることがわかる。

    欧州チャンピオンズリーグレベルの選手だ。
    鳥栖でのプレーを見て、普通の選手ではない感じがしたんだ。欧州的なプレースタイル。
    後数年はフランクフルトでプレーした方がいいと思う。

    アーセナルファンは全員、エメリ率いるアーセナルから彼が2ゴールを奪ってくれたことに感謝するべきだ。

    アジアだと3位ぐらいじゃないか
    2位はソン・フンミン
    1位は五球亡

    香川の後継者だ

    鎌田は本物だね

    昨晩、フランクフルトはヴォルフスブルクに4-3で勝利した。
    鎌田大地は今季5ゴールをあげ優れたパフォーマンスを見せており、攻撃陣の中でも重要な役割を担っている。
    フランクフルトとの契約が2023年に切れる鎌田は、プレミアリーグの強豪から注目されていると報じられているが、彼の将来を考えた場合、ブンデスリーガを離れてプレミアリーグに挑戦すべきなのだろうか?

    今季5G10Aか。フランクフルトは彼に適したチームだから残った方がいいかもね。

    日本人選手はプレミアリーグに行かない方がいい

    (来季は)チャンピオンズリーグでプレー出来るのに、プレミアリーグに行く必要があるのか?

    当然行くべきだ。
    サッカー選手は職業だから、もっと稼ごう。
    移籍して努力し、その結果成功するかしないかはまた別の話だ。

    堂安律はプレミアリーグの降格圏チームに挑戦してもいいとは思うけど、他の日本人アタッカーは今のところやめた方がいいと思う。

    言うまでもないが、香川の身に起こったことを考えるとねえ。

    管理人アブちゃんのアイコン 管理人アブちゃん

    他の選手もすごかったんですけど、鎌田はMVPでしたね👍
    「やっぱり上位は強いな〜負けそう」と思っていたところで決定的な仕事をしてくれました。
    来季のCLが楽しみです(・∀・)

    \ Twitterをフォローする /