中国の反応「日本人は…」メッシvsさんま!世紀の一戦に中国衝撃

さんまとメッシ

2011年12月18日、クラブワールドカップ決勝戦が行われ、欧州代表バルセロナが南米代表サントスに4-0で勝利しました。

試合後に世界的スターであるリオネル・メッシをスタジオに呼び出しインタビューを試みた日本テレビでしたが、メッシと日本人タレントのトークがあまり上手くいかず、海外でも話題になりました。

決勝で2点入れる大活躍をしたエース、メッシ選手に対して、試合を放送した日本テレビが手際の悪い対応をしてしまった。

優勝セレモニーでチームメイトが歓喜に浸る中、メッシ選手一人だけを特設スタジオに呼び出し、インタビューを行った。サッカー女子日本代表の澤穂希選手や、お笑い芸人の明石家さんまさんら、出演者みな拍手で歓迎したのだが、メッシ選手は少し困ったような顔をしている。

さんまさんが、後ろからコートをかけようとしても、首を横に振って断ってしまう。そして、通訳が「一問一答です。もう時間ないんで」と伝え、さんまさんが「どうもありがとうございます。サッカーの質問はみんな聞いてるやろうから、老後はどうしはるんですかと」と質問する。

すると、メッシ選手は通訳を通して「まだ引退まで時間があるので、それが終わったら考えます」と返答し、すぐ後ろを向いてチームメイトのもとに行ってしまった。少し後味の悪い感じだ。

さんまさんらは「そんな時間がなかったんだ」「一瞬でも来てくれただけでも貴重」などと笑顔で話していたが、この一連の流れがネットで話題になり、

「メッシ全然笑ってないな」
「さんまの質問は完全に間抜け」
「セレモニー中に無理矢理連れてきて引退後の質問とか日本最低だな」
「サッカーにくだらないお笑いとか全く必要ない。真剣に戦う選手に失礼」

といった書き込みが寄せられた。もっとも、メッシ選手は質問前から怪訝な顔をしているので、質問だけでなく、セレモニー中に呼び出したということ自体が余り良くなかったのだろう。日テレの段取りの悪さを指摘するものもあった。

さらに、このインタビュー動画がYouTubeにアップされ、海外から「日本人はバカだ」「コメディが失敗したみたいだな」といったコメントが寄せられている。スウェーデンのウェブメディアでも紹介され、「日本のテレビ局は、スタジアム内にスタジオを設置して、メッシの独占インタビューを行ったが、失敗に終わった」と書かれていた。

https://www.j-cast.com/2011/12/19116832.html?p=all

このやり取りが中国の動画サイトで紹介され話題になっていました。中国の反応をコメント欄などからまとめましたのでご覧ください。

    中国の反応

    メッシは唖然としているな

    メッシ「もしかして俺って宇宙人?」

    さんまは日本の有名な司会者だよ

    メッシは今すぐにでも戻ってみんなとお祝いしたいのに、こいつら(笑)

    メッシは苛立っている

    日本人は装うのが大好きだよね

    日本人は時々、本当に迷惑なことがある

    隣の人はうるさいな。民度の高い国というのは一体…

    一斉にワーワー喋ってるから迷惑なんだよ

    それにしてもメッシは本当に可愛いな…

    なんて騒がしい司会者だ

    日本のバラエティ番組は本当に下品だよね

    でも実際メッシは日本のバラエティ番組に何度も出演していて、いい関係を築いているし、スアレスと一緒に出演したこともある。
    毎回バルセロナに行って撮影しているから、日本人は誠意があるよ。

    かに座のメッシは内向的な性格だからこのような気まずい雰囲気になってしまったんだよ

    メッシは内向的で可愛い男の子だからね

    メッシの性格に問題があるというコメントがあるって本当?

    彼らは内容なんて関係なくただ叩きたいだけなんだよ

    ほとんどは特定のチームのファン、特定の選手のファンだよ。
    面倒くさいことになるから誰とは言わないけど。

    日本のバラエティ番組は騒がしくて秩序がない気がするな

    おそらく両国間の文化的な違いが非常に大きく、司会者がそれに気づいていないのかもしれない。

    管理人アブちゃん

    これに関してはメッシにあまり時間が無いようだったので仕方ないですね。
    ただ、明石家さんまとメッシは相性が悪い気がする(・∀・;)

    \ Twitterをフォローする /