海外の反応「キングだ!」奥川雅也、弾丸シュートで勝利に導く!堂安律キレキレ!現地サポ絶賛

奥川雅也

現地時間4月9日にブンデスリーガ第28節が行われ、堂安律と奥川雅也の所属する17位ビーレフェルトが10位フライブルクに1-0で勝利しました。ビーレフェルトは暫定14位に浮上しています。

奥川雅也は先発出場。68分にエリア内で強烈なシュートを放ち、相手のオウンゴールを誘発しました。

堂安律は先発出場。切れ味鋭いドリブルや創造性溢れるプレーで攻撃を牽引し勝利に貢献しています。

スタッツサイト『SofaScore』の採点では、奥川がチーム2位タイの7.4、堂安は6.4の評価となっています。

この試合に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

海外の反応

フランス(堂安律は)非常に優れたテクニックを持っているね

ヴォルフスブルクサポ堂安はうちのどのウインガーよりも優れているよ

フランクフルトサポ堂安律が大好きだから、ぜひフランクフルトで見てみたいな。
ビーレフェルトには買取オプションがあるから、彼らが降格した場合でないとあまり現実的ではないけど。
しかし、うちの右サイドにぴったりの選手だと思う。

ビーレフェルトサポ大丈夫、俺たちは残留するから。心配しなくていいよ。

68分 フライブルクのオウンゴール(奥川の実質ゴール) [ ビ 1-0 フ ]

ビーレフェルトサポきたあああああああ!

ドイツゴオオオオオル!奥川!よっしゃあああああ!

ビーレフェルトサポキングだ

ビーレフェルトサポ素晴らしい!♥

ビーレフェルトサポコーナーでの素晴らしいプレーから奥川が先制点!
イエエエエエエイ!

ビーレフェルトサポありがとう、奥川!

ドイツフライブルクにとっては不運なゴールだったな

トルコ奥川が美しいゴールを決めた

ビーレフェルトサポこのようなパフォーマンスをもっと見せてくれ

スペインのビルバオサポ試合終了。アルミニア 1-0 フライブルク。
奥川雅也のゴールで残留圏に。

堂安律-ミヘル・フラップ-奥川雅也、3人の素晴らしい補強。
彼らはグラートバッハのようなクラブが獲得する選手だ。アルミニアにとってはまさに純金。
間違いなくこの3人がチームを救うだろうね。

エチオピアAビーレフェルトにとってとても大きな相応しい勝利だ。
コーナーキックのパターンが功を奏したね。
堂安はストークのメッシだ。奥川をローンで補強出来たことも大きい。
ルコキとマイアーはクラマー監督の下でポジションを奪い返したね。でも今のところフォクルザマーが復帰後最高のパフォーマンスを見せている。
日曜日にはケルン対マインツのビッグゲームだ。

エチオピアBフォクルザマーは酷いミスをしていたけどね。2-0にすべきだった。

エチオピアAたしかにあの場面は決めるべきだったが、彼は再び堅実なパフォーマンスを見せてくれた。大怪我から復帰したようには見えない。

エチオピアBそれにしても日本人デュオは素晴らしかったね。この調子だとすぐに他のクラブに移籍してしまいそうだ。

エチオピアA奥川の補強は本当にサプライズだった。
彼の代理人は夏のマーケットでもっと注目度の高いクラブを見つけるべきだったが、今は魔法のように機能している。
堂安はいつも俺が言っているように目の保養だよ。

ブンデスリーガファンアルミニアが、調子の上がらないフライブルクをホームに迎え、非常に重要な、十分に相応しい勝利を掴んだ。
1月にザルツブルクから加入し輝き続けている奥川雅也が、後半途中に決定的なゴールを決めた(※相手のオウンゴール)

ビーレフェルトサポ完全に勝ち点3に値する試合だった。
フライブルクの戦意を喪失させた驚異的な守備、しっかりとしたハイプレス、そして、マイアーと奥川の天才的な一撃で勝敗を決定づけた。
降格圏を抜け出したぞ!

奥川雅也のゴールはサンタマリアのオウンゴールとして記録されているが、彼は今夜のビーレフェルトの素晴らしさを全て象徴していたように感じた。
彼はおそらくフライブルクの中心選手であるピボーテのヤニク・カイテルをマンマークし素晴らしい仕事を達成しただけでなく、ハイプレスでしっかりと相手を苦しめていた。

フランス堂安は素晴らしい試合をしていたよ

イギリスの記者今日の堂安、奥川、クロス、フォクルザマーのフロント4は本当にまとまりがあってエキサイティングだったね。

奥川雅也のスタッツ(SofaScore)
機械採点7.4
プレー時間90分
シュート(枠内)2(1)
ドリブル(成功数)0(0)
タッチ数24
パス(成功率)10/12(83%)
キーパス1
決定機創出1
クロス(成功数)1(0)
ロングパス(成功数)0(0)
地上戦デュエル(勝利数)8(2)
空中戦デュエル(勝利数)0(0)
ポゼッションロスト6
被ファウル2
インターセプト1
タックル0
シュートブロック1
堂安律のスタッツ(SofaScore)
機械採点6.4
プレー時間89分
シュート(枠内)3(1)
ドリブル(成功数)1(0)
タッチ数42
パス(成功率)17/20(85%)
キーパス1
クロス(成功数)3(1)
ロングパス(成功数)0(0)
地上戦デュエル(勝利数)9(1)
空中戦デュエル(勝利数)0(0)
ポゼッションロスト15
被ファウル1
インターセプト1
タックル0
管理人アブちゃんのアイコン 管理人アブちゃん

堂安の採点は低いですが、チームの中心としてかなりいいプレーをしていたと思います。
奥川も決定的な仕事をしました。日本人二人の活躍で残留させて欲しいですね👍
ちなみに、堂安は3月の「月間ベストルーキー」に選ばれています!

現地時間4月9日、ブンデスリーガが3月の「月間ベストルーキー」を発表。ビーレフェルトに所属する日本代表MF堂安律が、4度目のノミネートで初めて授与した。

ファン、クラブ、専門家の投票によって決まる同賞で、堂安は昨年の10月、12月、今年の1月に続いて最終候補入り。ホッフェンハイムのアメリカ代表DFクリス・リチャーズ、ヘルタ・ベルリンのオランダ人DFデヨファイシオ・ゼーファイクを抑えて、最多票を獲得した。3月は4試合(先発3)に出場して1ゴール。ブンデスリーガ公式によれば、ゴールチャンスを5回創出し、1試合平均のスプリント数は31回と際立つスタッツを残した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/141a894d5710c8e08129d2fc1d13ab5ea7f7040e
15 Comments
高評価順
新着順 古い順