中国の反応「日本には勝てないよ」中国代表に新たな帰化選手!最大10名の帰化軍団に!

アラン

サッカー中国代表に新たなブラジル人帰化選手が招集されるようです。

中国紙「新浪体育」は「深圳FCのブラジル人FWアラン・カルデック(32)の帰化が認められ、中国サッカー協会によって承認された」と報じた。

カルデックは188センチの長身を生かした空中戦の強さとテクニックを併せ持つ大型ストライカーでポルトガル1部ベンフィカのほか、ブラジルの名門サンパウロやパルメイラスでゴールを量産してきた点取り屋。2016年7月に中国にわたり重慶に加入し「過去5シーズンで58ゴールと15アシストを記録している」と中国リーグを代表する選手の一人だ。

中国代表としての招集が認められる5年間の連続居住を21日に満たす見込みとなり、帰化が承認されたうえで最終予選に備えて中国代表に招集されることが確実となった。

帰化政策を推進する中国代表ではアジア2次予選ですでに5人の外国出身選手を招集。他にも4人の帰化選手が招集に向けて準備を整えているが、さらにカルデックも加わることで帰化選手は10人に達することになる。〝スタメン全員帰化選手〟もいよいよ現実味を帯びてきて、森保ジャパンにとっては脅威となりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6e425f4326dc5337bbbb4598296e18f0097cc39d

この東スポの報道が中国で話題になっています。コメントの一部をまとめましたのでご覧ください。

    中国の反応

    中国サッカーの四大発明

    こんなチーム見たくないよ

    それでも、日本をぐらつかせることは出来ないだろうね

    中国代表はピッチ上で、ポルトガル語を使ってコミュニケーションをとります

    ブラジルから徹底的に学ぶ

    10人の帰化?私が見たいのは中国の男性だよ。
    そんなことをするなら、日本代表を応援した方がマシかもしれない。
    少なくとも、全員アジア人だからね!

    日本は全員欧州組だぞ。この10人の中に、欧州で活躍できる選手はいるのか?

    間違いなく出来るよ。
    中国スーパーリーグの外国人選手は、アジア全体でもトップクラスだ。

    日本はわざと低姿勢になっているのか😂

    日本の5軍となら戦えるんじゃないか

    本当に恥ずかしい

    全帰化軍団になったとしても、日本には勝てないよ。
    彼らのほとんどは欧州の主要リーグで先発、あるいはローテーションで活躍している選手だ。
    我々の帰化選手の中で、欧州でも活躍できる選手はほとんどいない。

    アランはUEFAヨーロッパリーグで8ゴールをあげて得点王になっているよ

    現代サッカーでは両サイドが非常に重要となっている。
    さらにサイドバック二名を帰化させよう😏

    くそっピッチ上の選手たちはブラジル国歌しか歌えないぞ

    日本サッカーも当時は帰化選手が主役となって飛躍したんだよ

    誰?日本とブラジルのハーフ選手しか覚えてないな。彼は帰化選手ではないしね。

    ラモス、三都主…

    何人帰化しようが、ワールドカップのチケットを手に入れることが最も重要なことだよ。
    ワールドカップに出場し、名声を得ることができれば、後に続く選手たちが出てくるだろう。

    20数人あまりの欧州の帰化軍団であるベルギーは日本に負けそうになった。
    この中国スーパーリーグの帰化選手10名は当てになるのか?

    ポジションを分けるべきじゃない?
    まさか7フォワードのフォーメーションにするつもりか?

    中国代表の公用語:ポルトガル語😏

    幸いなことに、李鉄(※中国代表監督)はブラジルに留学した経験があるので、言語の問題はない!😂

    日本メディアは謙虚すぎるし、ベトナムメディアは傲慢過ぎる。
    李鉄監督は卑屈にも傲慢にもならないようにね。

    デルガドは実力不足で資格がない。
    グラールは実力はあるがしばらくの間代表に呼べない。
    ジョン・ホウ・サテルは実力不足で負傷している。
    アロイージオは調子を落として使えない。
    今使えるのは、エウケソン、アラン、フェルナンジーニョ、ブラウニング、イェナリスだけだ。
    カルデックがいつ使えるようになるかはまだわからない。

    ブラジルの名門サンパウロでエースとして活躍し、中国1部で得点王も獲得したFWアロイージオ(33=河北FC)はすでに中国代表の合宿に参加しており、チームへの融合が着々と進められている。

    ノルウェー出身のMFジョン・ホー・サテル(23、北京FC)は、同国の強豪ローゼンボリの下部組織で将来が嘱望され、U―18など各年代の代表でプレー。母親が中国人で19年に北京移籍後に中国籍を取得した。

    ペルー出身のFWロベルト・シウーチョ(24=昆山FC)は同国の名門ウニベルシタリオで活躍した後、祖父が中国人という縁もあり帰化した。

    さらに注目を集める大物がブラジル代表としてプレーした経験もあるMFリカルド・グラール(30=広州FC)だ。14年にブラジル代表として1試合出場したが、親善試合だったため中国代表となることが可能で帰化した。帰化選手の代表招集の条件となる5年間の連続居住期間の中でブラジル1部パルメイラスに4か月間レンタル移籍したことで規定を満たせないとみられていたが、中国側が国際サッカー連盟(FIFA)に招集の許可を求めて交渉を重ねており中国メディアの間では近々認められるとの観測もある。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/085910521befb88de4fb0ba3346251ed717172f6

    日本は考えすぎだよ。
    本当に使える選手は、エウケソン、アラン、ブラウニング、カルデック、フェルナンジーニョぐらいだ。

    少なくとも帰化には希望がある。
    帰化しなければ、基本的に希望はない。

    どちちにしろ希望はない。

    日本も昔は帰化選手に頼っていたが、現在は?
    帰化は恥ずべきことではないが、重要なのは帰化後の中国サッカーの方針だ。

    何億人もの男性の中から、サッカーが上手な11人を選ぶことすら出来ないなんて、本当に信じられないわ。

    管理人アブちゃん

    チームとしては弱くても、スピードや高さのあるFWがいるとたしかに脅威です。
    ただ、冨安と吉田がアズムンを抑えたように、単調な攻撃だと今の日本代表には通用しないでしょうね。

    \ Twitterをフォローする /