海外の反応:鎌田大地の高校時代のドリブル練習に中国驚愕!「凄すぎる」

高校時代の鎌田大地

今季のブンデスリーガで4ゴール3アシスト、DFBポカールで2ゴールを記録しているフランクフルトの日本代表MF鎌田大地(26)。

先月行われたアメリカ代表戦でもゴールを決めた鎌田は、現在欧州の複数クラブから関心を持たれているようです。

Eフランクフルトと今季限りで契約満了となる鎌田は、来夏に移籍金なしで他クラブに加入できるため、多くのクラブが熱視線を送る。

昨夏からポルトガル1部ベンフィカやスペイン1部セビリアが獲得を検討している中で、イングランド・プレミアリーグのエバートンやリーズも関心を高めている。中でもエバートンは契約満了前で移籍金が発生する来年1月の獲得をもくろんでいると報じられている。

https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/241280
あわせて読みたい
海外の反応:日本代表がアメリカに2発快勝!「日本はW杯のダークホースになるかも」「日本のMFは有能」
海外の反応:日本代表がアメリカに2発快勝!「日本はW杯のダークホースになるかも」「日本のMFは有能」

そんな鎌田の高校時代のドリブル練習映像が中国のネット上で紹介され話題になっています。

並べられた椅子の間を華麗なタッチでスルスルと抜いていく姿に、中国からは絶賛の声が多数上がっていました。

中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

https://youtu.be/q3-GxreowMM

海外の反応

サッカーファン/中国 カッコいいね😂👍

サッカーファン/中国 くそ上手いな。

サッカーファン/中国 シューズが可愛すぎる。

サッカーファン/中国 鎌田のドリブルはサッカー界で確実にトップ20に入るレベルだと思う。

サッカーファン/中国 今やアジアのトッププレイヤーに。

サッカーファン/中国 フランクフルトの中心選手。

サッカーファン/中国 凄すぎる。

サッカーファン/中国 このようなトレーニングはとても退屈だから、本気でサッカーが好きじゃないと続けられないんだよね。

サッカーファン/中国 単調だけどそれほどハードではない。最も諦めやすいのは単調でハードなフィジカルトレーニングだ。

サッカーファン/中国 高校時代に廊下でサッカーをしてたらボールを没収されて、卒業後に返してもらったわ。

サッカーファン/中国 今最も市場価値が高い日本人選手だよね?

補足

日本人の市場価値トップは冨安健洋と鎌田大地で、二人とも2200万ユーロ。

サッカーファン/中国 鎌田は日本代表の真のエース。フランクフルトのヨーロッパリーグ制覇も、彼の大きな貢献によるものだ。

あわせて読みたい
海外の反応「何者なんだ」鎌田大地がELで決勝ゴール&圧巻ヒールパス!スペイン人も興味津々!
海外の反応「何者なんだ」鎌田大地がELで決勝ゴール&圧巻ヒールパス!スペイン人も興味津々!
あわせて読みたい
海外の反応「バケモンだ」鎌田大地が衝撃ボレー弾!3戦連発のEL男を現地大絶賛
海外の反応「バケモンだ」鎌田大地が衝撃ボレー弾!3戦連発のEL男を現地大絶賛

サッカーファン/中国 天賦の才があるようには見えないな。フットワークも速くないし、少し不器用に見える。
現在に至るまで陰でどれだけの努力をしてきたのかは想像に難くない。

サッカーファン/中国 笑ったわ。

サッカーファン/中国 冗談だよね?

サッカーファン/中国 現在アジアNo.2の選手。フランクフルトからステップアップしてより大きな舞台で戦う準備はできていると思う。

サッカーファン/中国 テクニシャンタイプのフォワードだから、現在のビッグクラブはあまり求めていないと思う。

サッカーファン/中国 ↑彼は現代型の攻撃的MFで、最近はボランチとしてもプレーしている。フォワードではないよ。

サッカーファン/中国 滑らかなドリブルだなあ。

サッカーファン/中国 廊下を走ってはいけません!

管理人アブちゃんのアイコン 管理人アブちゃん

高校時代のプレー集。昔からセンスの塊やなあ。

筆者が初めて鎌田を見たのは、彼が京都・東山高校時代の2013年頃。当時からドリブル、パス、シュートと、アタッカーの能力をすべて兼ね備えた鎌田は突出した選手だった。すでにチームの主力となっていた高2の時にはプリンスリーグ関西で18試合・22ゴールを叩き出して得点王に輝いた。高円宮杯プレミアリーグ参入戦の藤枝東戦で決勝弾をマークし、同校初となるプレミアリーグ昇格に貢献。翌年のプレミアリーグWESTでは、2勝13敗3分とチームが最下位に沈むなか、鎌田個人は得点ランキング4位タイとなる10ゴールでブレイク。1人、異質の存在感を放っていた。

鎌田大地は「やっぱり掴めない」。 東山高時代の覚醒と葛藤、そして今。
\ Twitterでフォローする /
10 Comments
高評価順
新着順 古い順
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る