中国の反応「羨ましい」“5G11A”鎌田大地のスーパープレーを中国人大絶賛!

鎌田大地

現在、ブンデスリーガでチャンピオンズリーグ出場圏内の4位に位置するフランクフルト。

そのフランクフルトで異彩を放ち、今季のリーグ戦で5ゴール11アシストを記録している日本代表MF鎌田大地(24)は、25ゴールのアンドレ・シウバ、12アシストでアシストランキング2位のコスティッチと共に、チームの攻撃に欠かせない存在となっています。

そんな鎌田の最新スーパープレー集が中国の動画サイトで紹介され話題になっています。サッカーにおいては負けを認めている中国人サッカーファンから、称賛の声がたくさん寄せられていました。

中国の反応をまとめましたのでご覧ください。

    鎌田大地の最新スーパープレー集

    中国の反応

    タッチが本当に細かいな

    羨ましい…

    目の保養だ

    ちょっと普通じゃないな

    どちらの足でも上手いね

    メッシみたいだ

    タッチが非常に細かく、機動性が優れている。
    日本の男子サッカーは欧州の強豪にも対抗できるよ。

    しかし、日本代表のチーム全体の市場価値は、ソン・フンミン一人の市場価値とほぼ同じだ…

    でも韓国代表は強くないよ。
    ソン・フンミンは韓国代表で3年間3ゴールしか決めてない。これは南野拓実の4分の1のゴール数だ。

    とてもユニークなプレースタイルで、クリエイティブなプレーを理解しているね。
    試合を読む能力が優れているから、状況に応じてどのようなプレーをすべきかわかっている。
    基礎もしっかりしているね。素晴らしい選手だ。

    ボールコントロールとパスがハンパないね

    堂安律、鎌田大地、遠藤航は全員プレー時間を得ているしプレーも悪くない

    鎌田大地は本当に凄い。
    ブンデスリーガに関心を持つ者として言わせてもらうと、このリーグは日本人の成長のための非常に重要な場所となっている。
    遠藤航、大迫勇也、鎌田大地、長谷部誠、堂安律、どの選手も立派に成長しているからね。
    もうね、考えれば考えるほど羨ましくて仕方がない😂

    パス、シュート、キープの優れた選手。日本サッカーの進歩の証だ。
    島国の傑作であり、彼らの育成から生まれた選手の代表だ。
    歴史からくる偏見や嫉妬心を捨てて彼らの選手を見てみると、堂安律、南野拓実、鎌田大地のような選手たちがいて本当に羨ましい。
    岡崎のようなブルーカラーの選手が中国から出てきたらどれだけ嬉しいことか。

    俺たちのスター選手はどこにいるんだ?

    大空翼の弟の名前は大地だった気がする

    実力の検証のためにプレミアリーグへ行く必要がある。価値に見合った活躍が出来ていないヴェルナーは、ブンデスリーガで大活躍していたけど、プレミアリーグでは実力を発揮出来ない。

    プレミアリーグは娯楽性や商業価値が高いだけで、レベルは必ずしも高くはない。

    エミレーツスタジアムでアーセナルを打ちのめしたことから「アーセナルの解放者」と呼ばれ、遠藤航とともに日本の新世代のスターとして活躍しているぞ。一方俺たちは…

    ドルトムント、バイエルンをやっつけて、エメリを解雇させた。十分価値は示したよ。

    彼に加えて久保建英、冨安健洋、堂安律もいる。みんな20歳前後の選手だ

    そして、吉田麻也、酒井宏樹、南野拓実、大迫勇也と、中堅の選手もいる

    いいなあ、確かに凄い選手だわ

    管理人アブちゃんのアイコン 管理人アブちゃん

    オウンゴール誘発やPK獲得をアシストに含めたキッカー誌の成績だと5ゴール14アシストで、スコアポイント19!ブンデスリーガの9位です。
    来季の活躍も楽しみですね。

    ブンデスリーガスコアポイント
    https://www.kicker.de/bundesliga/scorer
    \ Twitterをフォローする /