中国「日本は世界トップクラス」日本が王国ブラジルを撃破!マイアミの奇跡を中国人絶賛【海外の反応】

伊東輝悦

1996年に開催されたアトランタ・オリンピック。男子サッカー・グループステージ第一戦で、日本はブラジルを1-0で下しました。

当時まだ五輪金メダルを獲得したことのなかったブラジルは、すでにA代表で活躍していたロベルト・カルロス、ジュニーニョ・パウリスタ、サヴィオ、フラビオ・コンセイソン、怪物ロナウド(当時の登録名はロナウジーニョ)に加えて、オーバーエイジでリバウド、ベベット、アウダイールを招集。優勝候補の大本命としてこの大会に臨みました。

一方、約28年ぶりに五輪出場を決めた西野朗率いる日本は、オーバーエイジ枠を使用せず、予選を戦ったメンバーで大会に臨みました。ブラジル戦のメンバーは以下の通り。

ブラジル戦のメンバー一覧

試合は大方の予想通り、ブラジルの怒涛の攻撃を日本が耐える展開に。しかし、ディフェンダーの奮闘や、覚醒したGK川口能活のビッグセーブなどで無失点に抑えます。

そして、後半27分に歓喜の瞬間が訪れます。路木が左サイドからディフェンスラインとGKの間にロングボールを送ると、城をマークしていたアウダイールとGKジーダが衝突。そのこぼれ球を伊東輝悦が押し込み、貴重な先制点を奪いました。

連携面に問題を抱えていたブラジル守備陣の隙を突いた見事な得点に、日本人サポーターは大熱狂。大きな期待を抱いていたブラジル人サポーターは呆然と立ち尽くし、スタジアムは異様な雰囲気になりました。

その後、ブラジルは勝利を奪いに行くために波状攻撃を仕掛けますが、ポスト直撃や守護神・川口の好セーブで得点を許さず、そのまま試合終了。日本サッカー史上最大と言っても過言ではない、衝撃の番狂わせとなりました。

この試合でブラジルが放ったシュートは、日本の4本に対してなんと28本。格下だった日本にまさかの敗戦となったブラジルはこの敗北を「マイアミの屈辱」と表現。一方、大金星をあげた日本では「マイアミの奇跡」と呼ばれ、今でも語り継がれる伝説の試合となりました。

ブラジル相手にジャイアントキリングを達成した日本は、第2節でナイジェリアに0-2で敗れ、第3節でハンガリーに3-2の勝利。しかし、ブラジルとナイジェリアも同じ勝ち点を獲得していたため、得失点差によりグループステージ敗退となりました。

そして先日、この「マイアミの奇跡」を中国のサッカーメディアが紹介し話題になっています。日本代表が起こした奇跡に対して、多くの称賛の声が寄せられていました。

この話題に対する中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

中国の反応

日本サッカーは男女ともに世界のトップクラスだ

日本は本当に素晴らしいな。

歴史に残る試合だ

ナイジェリアが金メダルを獲得したんだよね。

ナイジェリアの黄金世代だ!

補足

この大会ではナイジェリアが優勝している。2位アルゼンチン、3位ブラジル、4位ポルトガル。

2勝1敗だったけど、グループステージで敗退したんだよね。川口能活と城彰二は知っているよ。

日本代表の炎モデルのユニフォームをよく覚えているよ。

当時、前園真聖が大好きだったなあ

この一戦で、川口能活が代表の主力に躍り出たんだよね

神ゴールキーパー降臨

この勝利が、日本サッカーに大きな自信を与えたんだよ。

その後、1999年のワールドユース選手権で準優勝し、2000年のアジアカップでアジアを制覇したんだ。

中国はいつになったらオリンピックやワールドカップのような大会で勝てるようになるんだろう?
別に相手が強くなくてもいいからさ。

補足

男子サッカー中国代表は、2002年のワールドカップにのみ出場したことがある。成績はグループステージ3戦全敗、無得点9失点だった。

中国代表U-23のオリンピックの成績(wikipedia参考)
1992 – 予選敗退
1996 – 予選敗退
2000 – 予選敗退
2004 – 予選敗退
2008 – グループリーグ敗退(開催国) 0勝1分2敗
2012 – 予選敗退
2016 – 予選敗退
2020 – 予選敗退

まず本戦に出場しなければならない😂

日本がワールドユース準優勝した時の小野伸二の動画が見たい

日本サッカーに革命をもたらした中田英寿。
彼の後にパク・チソン、香川真司、本田圭佑、ソン・フンミンがヨーロッパで活躍したけど、その中でも中田英寿が最も実力と影響力のある選手だと思っている。彼の存在があったからこそ、欧州のクラブがアジア人スターを獲得するようになったんだ。
このような才能が競技スポーツにおいて非常に重要だということがわかる。
チームスポーツだとしても、一流のスターが一人や二人いなければ、結局うまくいかないんだよ。

漫画「俺たちのフィールド」の主人公・高杉和也は中田英寿がモデルだと言われている。

補足

「俺たちのフィールド」は1992年から連載が始まったため、当時15歳ぐらいの中田英寿はおそらく高杉和也のモデルではない。

管理人アブちゃんのアイコン 管理人アブちゃん

ブラジルはいつの時代もエグいメンバーが揃っていますけど、フェノーメノロナウドが頭角を現してきたあたりから2002年ぐらいまでが、個人的に一番大好きでした。4R(ロナウド、リバウド、ロベルト・カルロス、ロナウジーニョ)とか懐かしいですね。
そんなブラジルの猛攻を防いだ当時の日本代表は素晴らしいですね。川口能活はまさにSGGKでした。

\ Twitterでフォローする /
11 Comments
高評価順
新着順 古い順
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る