海外の反応:豪州記者が日本の育成モデルを絶賛!「Jリーグはアジアにおけるユース育成のベンチマーク」

日本代表とオーストラリア代表

日本代表は24日、カタール・ワールドカップ・アジア最終予選でオーストラリアと対戦し、2-0で勝利。この結果、最終節を残して、7大会連続となるワールドカップ本大会の出場権を獲得しました。

そんな安定した実績を残す日本サッカーについて、豪州メディアが「オーストラリアは日本から学ぶべきことが多い」と絶賛しています。

オーストラリアはアジア最終予選第9節で日本をホームに迎えた。勝てば日本との立場を逆転させる重要な一戦だったが、途中出場のMF三笘薫の2ゴールを献上し、0-2で敗北。この結果、グループBは勝ち点21で首位の日本と、同20で2位サウジアラビアが本大会出場権を獲得。同15のオーストラリアは3位が確定し、プレーオフに回る。前回のロシア大会に続き、またも大陸間プレーオフを勝ち抜かなければならなくなった。

「ガーディアン・オーストラリア」紙のエマ・ケンプ記者は、今予選での苦戦ぶりにあるように、近年のオーストラリアの低迷について「この15年間にうまくいかなくなったことの本質は、選手育成のボトルネックにある」と主張。「若くて才能ある選手たちがその価値を発揮する機会が少なく、代表チームの層が薄くなっている」と育成面での停滞が問題の根底にあるとした。

 現代表監督のグラハム・アーノルドはシドニーFCの監督だった2018年に、17~22歳の若手選手がプレーする場としてAリーグにも2部リーグやリザーブリーグの設立を求めたが、これらはいまだに実現していない。国として育成を促す環境面の整備が追いついていないことが、課題として挙がっている。

 そうした育成面に関して、ケンプ記者は「日本はこの30年の間に、Jリーグを通じて非常に優れたチームを作り上げた」と対戦した日本を例に挙げて「Jリーグでは選手が若いうちに健全な基礎技術を身につけ、アンダーエイジのピラミッドの中で体系的に成長している」と日本の育成モデルを絶賛。そして、そのうえで「Jリーグはアジアにおけるユース育成のベンチマークになっている。オーストラリアの敗戦は予想できた。その点では学ぶべきことは多い」と指摘していた。

https://www.football-zone.net/archives/374146

この話題に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

海外の反応

オーストラリアの反応

オーストラリア チームがワールドカップ出場権を獲得するのに不十分であったことは特に問題はないし気にしないが、長期にわたって野心に欠け、タレントの育成を怠っていたのは大きな問題だよ。
今やファンは毎試合同じような陳腐なサッカーを見なければならない状況なんだ。
一方、日本は技術的に熟練したサッカーで知られているが、ピッチ上のあらゆるところで、何度もボールを複数人で奪いにいっていた。
彼らの運動量は驚異的で、常に人数をかけてボールを保持し、ボールを失った時もすぐにプレスを行っていた。
選手のレベルを言い訳にしてはいけないよ。
アーノルド監督が現代のコーチングや戦術の原則を理解できていないように見えるね。

オーストラリア たしかに。
こちらが攻撃をする時には日本のディフェンダーの方が多く、こちらが守備を強いられた時には日本の選手の方が数で上回り脅威となっていた。
うちの11人に対して、相手は22人いるように感じたし、彼らの機動力と仕事量は桁違いだったね。

オーストラリア 「アーノルドは使えない」のようなコメントは分析的でなく、浅はかで、クラブの偏見に基づく的外れなものであることが多い。
たとえ監督がアンジェ、ラレ・ラシッチ、ビエルサ、ヒディンク、ヘルベルガーであろうと、あのメンバーでは日本やサウジには勝てなかったと思う。

13人が欠場していたんだ。それに日本の9番はリバプールでプレーしているのに対し、うちの9番はJ2リーグでプレーしている。
2005年のウルグアイ戦ではハリー・キューウェルは先発入りすることができなかったが、今回の日本戦ではAリーグファンですら知らないような若手MFが何人もいて、ベンチにこれ以上のオプションがなかったんだ。

オーストラリア 現在のオーストラリアのサッカーチームに何を期待しているのかよくわからないな。
国内のチームは資金が潤沢なわけではないし、国土が広いから運営費も安くはない。
だから優秀な選手は海外へ行き、ヨーロッパから日本まで、仕事を見つけてはそこでプレーをしている。
そして代表戦では、彼らを各地から集め、長旅をさせ、時差ボケとなり、数回のトレーニングでピッチに立たせ、みんなをガッカリさせた後、また24時間かけて現在のクラブに戻るというタスクが待っている。
そこへさらにコロナウイルスの存在が加わる。
これで成功しようなんて、狂気の沙汰としか思えないよ。

オーストラリア しかしどういうわけか、他の国々は君が挙げような障害を乗り越え、比較的成功を収めている。
私たちは優秀な選手を海外へ送り出す必要があるんだ。
それによって、国内クラブに収入(移籍金)をもたらし、世界で成功するために必要なレベルの競争に選手をさらすことになるからね。
コロナに関しては、どの国もその状況で運営しなければならなかったわけだから、言い訳はできない。
若手の育成(これは失敗しているが)と、国内の優秀な選手たちがヨーロッパに進出するための踏み台となるような強い国内リーグを持つことが重要なんだよ。

オーストラリア その他の国々は、国内で他のフットボールと競合しているのだろうか? No
オーストラリアのスポーツ事情は世界でもユニークなものだから、ユニークな解決策が必要なんだよ。

オーストラリアでは、フットボールは、オーストラリアン・フットボール、ラグビー・リーグ、ラグビー・ユニオン、サッカーの、4種類に分けられます。中でも最も人気なのがオーストラリアン・フットボール。オーストラリア最大のスポーツ・イベントである決勝戦のグランド・ファイナルには毎年9万人以上の観衆が集まります。

https://move.nichigopress.jp/entertainment/post-113/

オーストラリア 私はアジアサッカーの専門家じゃないので大目に見てほしい。
日本の選手のほとんどは日本国内でプレーしていると思う。日本にはより大きな人口に支えられた、より良い資源である国内コンペティションがあるからね。
ヨーロッパの国々は国外でプレーしている選手もいると思うけど、飛行機での移動はメルボルンからシドニーへ行くようなものだ。
ドイツ代表の半数がミュンヘンの同じクラブでプレーしているからね。

オーストラリア 試合を見ていて印象的だったのは、オーストラリアのベストプレイヤーがフルスティッチだっということだ。
日本のディフェンダーを最も不安にさせ、オン・ザ・ボールで最も技術が高かったのは確実に彼だったよ。
フランクフルトでのプレーも見たことはあるけど、間違いなく役に立つ選手だった。
彼のポゼッションとセットプレーの能力に他の能力が追いつけば、将来的にスタメンになる可能性は十分にあると思う。
しかし、今のところはそうではない。鎌田大地もフランクフルトでプレーしていて、昨シーズンは15アシストを記録しているからだ。しかも、彼は日本代表に選出されていない。
堂安律もそうだ。比較的スタートは遅れたものの、シーズンが進むにつれPSVで出場試合数を増やし、今季ここまで9ゴールを挙げているが、彼もまた代表に選出されなかった。
日本が強豪国を苦しめるためには、このような選手をチームに入れる方法を見つける必要があるのは確かだけど、少なくとも予選に関しては、才能があってもシステムに合わない選手、貢献が十分ではない選手、安定感のない選手を外し、予選を突破するための層を厚くすることはできるだろうね。
一方、オーストラリアでは、ロギッチやムーイといった選手は、どんな状態であっても先発が確実だ。

中国でもこの記事は話題に

中国 サッカーという分野では、日本に感服しているよ。

中国 オーストラリア人もこのことに気づき出したようだな。

中国 オーストラリアではサッカーは主流のスポーツではないはず。
彼らはみんなラグビーをしていると思う。

中国 日本は30年間耕してきた結果、高校サッカーの試合は観客が溢れかえるほど入るようになっている。
一方、私たちは30年間皮肉を言い続けた結果、子供の試合を親すらも見なくなった。

中国 羨ましい妬ましい。

中国 日本人の方がよりナマコを愛しているからだと思う。

中国のポータルサイト『捜狐』が、「男子代表には3人のシェフがいる。ほぼすべての食事のニーズを満たすことができる。食材も最高級だ。主将のウー・シーは毎日ナマコを食べていることを明かした」と綴るなど、男女格差が問題視されたのだ。要は、「女子よりはるかに環境や待遇がいいのに、結果を残していないじゃないか」というわけだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/61080f33c6e4279f8efe7a51598896053b58c597

中国 日本の高校サッカー選手権を見れば、その雰囲気、運営、観客数、技術・戦術のレベルなど、中国と大きな差があることがわかる。

中国 国内の選手は5大リーグではなく、日本でプレーすることを目標にしよう。
大きくレベルアップできるはずだよ。

中国 中国で最も優れた基盤を持つスポーツは卓球だ。
サッカーは競技人口が少なすぎる。

中国 傍から見れば、卓球はただのフィットネスだよ。
サッカーは真のプロフェッショナルな競技だ。
比較にならない。

中国 昔は貧しかったから卓球でスポーツを発展させるのも理解できたけど、今もなおそれを推進するのはあまり先進的とは言えないね。

中国 オーストラリア サッカー協会「日本人選手を帰化させる計画を立てなければならないようだ😏」

中国 むしろ私たちの方が日本人選手の帰化を検討するべきだよ。

中国 まずは日本の幼稚園や小学校の体育の授業を学ぶべきだよ
基礎体力がないと、足がついていかない。サッカーの練習はその後の話だ。

中国 日本では身長166cmの選手が代表チームに選ばれて主力としてプレーできる。
中国でそれができるか?

管理人アブちゃんのアイコン 管理人アブちゃん

育成に関しては日本は結構上手くやっている気がします。
あとはサッカー人口か。少子化なので、結局のところ他のスポーツとの奪い合いになるんですよね^^;

\ Twitterをフォローする /
98 Comments
高評価順
新着順 古い順
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
名無し
2022年3月29日 16:11

攻撃陣の評価が目立つけど冨安無しでサウジとオーストラリアを封じ込めた、守備陣の層の厚さと頑張りをもっと評価して欲しい。

名無し
2022年3月29日 16:08

今回の最終予選は豪州の弱体化が物凄い事になってたよね。

良く「豪州は昔のフィジカルパワーサッカーの方が良かった」言う
指摘あるけどこのクオリティだとそれも厳しい。

名無し
2022年3月29日 16:12

まさか日本代表が球際の粘りと競り合いで、オーストラリアに
競り勝てる位フィジカルが強くなるとは思わなかった。

名無し
2022年3月29日 16:31

アーセナル、セルティック、フランクフルト、PSVの選手たちを招集しなくても、最終予選で勝てるのは凄いな。
まぁ怪我で致し方なくっていうことが多かったけど、この経験は必ずワールドカップに活きてくるよ。
ワールドカップは総力戦だから、選手層の厚さがかなり重要だし。

名無し
2022年3月29日 16:38

最終予選でオーストラリアは日本にしか負けてないし、得点数は日本より多いから、言われてるほど弱体化してないと思う。
国土が広くて人口の少ないのがネックだから、若手育成は日本と協力関係結んだらいいんじゃないかな。
気候も反対だから、互いに1年中サッカーしやすい環境で練習できる。
何より比較的フェアなオーストラリアが強くなるのはアジアにとってもいいこと。

名無し
2022年3月29日 16:09

最近はオーストラリアよりも、ニュージーランドの方が若手の育成が上手く行ってる。

名無し
2022年3月29日 16:16

うちの9番はJ2だよ…ってコメントはなかなか象徴的かと。

オーストラリアはラグビーやクリケットなどが凄く盛んで、サッカーが一番の国民的スポーツでは無い国。
現実的には豪代表は英国圏の海外組に、J1でプレーする選手が何人かいて構成されるのが理想的なのだろうなとは。
AFCに転籍してるので東アジア(特に日韓)対策という意味で、Jリーグのトップレベルの選手がいると有用だし、あとは欧州で主力で無くとも世界の最先端に誰かが触れているというのは大事だろうね。
実際、ケーヒルとかキューエルが居た頃は強かったからね。

名無し
2022年3月29日 17:02

育成上手くいってるって簡単に言うけど未だに試行錯誤の繰り返しだし
大きな変化がある時はJFAの人事もとんでもなくシビアな事になってたからね
お気楽にネットで批判してる人達と違って大変だと思うよまじで

名無し
2022年3月29日 16:00

あとは監督、協会がプロになるだけだね。もう20年かかる。

名無し
2022年3月29日 16:34

日本には金にならなくても、自分のためにならなくても頑張れる人が沢山いる。下のカテゴリーの整備なんて文化としてサッカーが根付いていない他のアジア諸国には無理。日本が特殊なだけ。

名無し
2022年3月29日 18:12

j3まで出来てやっと若手選手に実戦経験を積ませる場が確保できるようになってきた
jリーグはチーム多過ぎとか言ってた輩がいかにとんちんかんか

名無し
2022年3月29日 16:04

世間の関心が強くて常に批判の目に晒されてる業界は強いね
提灯記事ばかりになると衰退していく

名無し
2022年3月29日 16:16

でも今は大卒の台頭が増えてるんだよなあ

名無し
2022年3月29日 16:18

小中高児童の身体能力平均値がそもそも全然違う事を理解していないのだよね彼らは、まず日本人は体育クラブ部活などで日常的に身体を動かし訓練して育つのが常識だから一部の身体能力エリートだけに英才教育を施すなどの愚策は採用していない

オージーの場合はサッカー人気がそこまで高くないのも理由の一つで一昔前は欧州移民によってタレントを補っていたから黄金世代がいたってだけ、日本は部活とクラブ下部組織があり幅広い人材プールを持っているので乱高下はしにくい構造

名無し
2022年3月29日 16:33

Jリーグは若手の選手育成に関しては優秀で成功してると言える
けど、国際水準の選手を育てようとすると国内で完結できない問題は依然としてある