海外の反応:日本代表のペルー撃破を各国のメディアとファンが絶賛「日本に驚かされた」「日本はほぼ欧州のチーム」

ペルーを撃破した日本代表

日本代表(FIFAランク20位)は6月20日、キリンチャレンジカップで南米の強豪・ペルー(同21位)と対戦し、4-1と大勝を収めました。

海外メディアは圧倒的な攻撃力でペルーを粉砕した森保ジャパンを以下のように絶賛しています。

この一戦を速報で伝えたのが、ペルーの地元メディア『Libero』だ。「日本は序盤から積極果敢にペルーへプレッシャーを掛けて自由を奪った。あれだけの迫力で来られたら、どんなチームでも面を食らうはずだ」と書き出し、次のように伝えている。

「右のジュンヤ・イトウ(伊東純也)が突破力で、フルハシ(古橋亨梧)が鋭い動きにペルー守備陣を混乱させた。両チームともにアグレッシブに競いあうなか、主導権を握った日本が勢いのままに2点を先取する。ヒロキ・イトウが目の覚めるようなロングシュートを決めると、ブライトンで活躍するミトマが小刻みなステップからゴールを割った。

 後半早々にペルーは4選手を入れ替えたが、それでも、日本の優位性は動かない。ペルーが前がかりになったところをミトマとジュンヤ・イトウのコンビが突いてあっさり3点目。さらにペルーの不甲斐ない守備対応からマエダもゴールを決めた。ペルーは見事にしてやられたと言うほかない」

 さらに同メディアは母国代表チームの出来に触れ、「ペルーは堅実に自陣でボール保持を続けたが、日本にとってはまるで脅威となれず。中盤と前線に距離があり、ゲレーロらに効果的にボールを供給できなかった。終盤に1点を返せたのがせめてもの救いだ」と評し、「3失点目で勝負あり。彼らはどうすればペルーを苦しめられるのかをよく理解していた。なんたる強さだろうか」とあらためて日本代表の戦いぶりを褒め称えた。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=133857

試合後、スペイン紙『AS』は、森保ジャパンに惨敗したペルーに対して「大阪でペルーの大惨事」との見出しで厳しく評価している。

「ペルーは、ワールドカップ予選に向けた最後のテストマッチで、最悪の顔を見せた。プランも失敗し、日本相手に1-4で惨敗した」

 16日の韓国代表との試合では1-0で勝利しながら、日本には大敗を喫したペルー。同紙は、その敗戦理由をこう分析している。

「ペルーは釜山では鋭いプレーを見せたが、今回はほとんど何もできなかった。その理由の多くは、メンバーの大幅な変更と、提示された戦術にある。序盤こそ試合を優位に進めたが、重要な場面での攻め方を知っている日本に、終始圧倒され続けた」

https://news.yahoo.co.jp/articles/8cc7ac0b88211e6bff56526a19f24457b10fe856

ブラジルメディア『ge.globo』は20日、『日本がショーを披露』と題した総評記事を公開。出場選手の採点と共に、日本代表の戦いぶりを分析した。

同メディアは「サムライたちは、伊東とDF菅原由勢が違いを生み出し、右サイドから攻撃を仕掛けた」と、日本代表が右サイドを起点に攻撃を作り出していたことを指摘。また、「後半はペースを落とすかと思われたが、日本は集中力を切らさずにMF鎌田大地や三笘らが攻撃を展開した」と、2点リードの状況で迎えた後半も前に出た姿勢を評価している。

さらに、同メディアは日本代表の選手・監督の出来を採点。先制弾をマークした伊藤、名前を出して称賛した菅原らに7.0と高い評価を付けたなかで、三笘に7.5を与えてベストプレイヤーに選出した。

「試合に影響を与えるまでにしばらく時間がかかったが、彼はすぐに、なぜ自分が日本のスターなのか、そしてなぜ自分が常にスターティングメンバ―にいなければならないのかを示した。一対一で危険を生み出し、ゴールやアシストという決定的な役割をこなした。もっと多くのアシストを記録した可能性もあった。MF陣では唯一フル出場した」

なお、森保一監督も7.5を獲得。同メディアは「出場可能な選手たちで、最大の力を発揮できるラインナップを完成させた。チームは集中力を維持し、素早いトランジションとボールホルダーへのプレッシャーを見せ、試合のバランスをすぐに崩すことに成功した」と分析。「理想的なパフォーマンスを引き出した」と称賛した。

https://www.dazn.com/ja-JP/news/friendlies/2023-06-21-soccer-japan-national-team/bihvqwa8drgo131agzh52na1d

試合後の海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

海外の反応

ペルー屈辱だ。

ペルー三笘がめちゃくちゃ脅威だったわ。

ペルー日本はプレースピードがとてつもなく速かった。

ペルー日本おめでとう。そして悲しい現実を認識させてくれてありがとう。+220

海外のサッカーファン日本を次のコパ・アメリカに招待しよう。よりレベルの高い大会になるはずだ。

ペルー日本の強さには驚かされたけど、ペルーが酷いレベルにまで落ちぶれたのではとも思ってしまう(笑)+7

ペルー両方だね。+3

ペルーワールドカップを見なかったの? 日本が成長しているんだよ。
ペルーが落ち目になっているのも否定できないけど…+2

ペルー非常にスピードがあり、フィジカルが強く、規律正しく、欧州組がたくさんいて、ワールドカップにも出場した平均年齢25歳の若い発展途上のチームと対戦したが、うちの平均年齢は30歳で、その差は歴然としていた。
受け入れがたくても年齢は重くのしかかる。代わりの選手もいない気がするし。
学ぶべきことがたくさんあるね。+81

補足情報

ペルー代表の平均年齢は29.2歳。

ペルーワールドカップでも明らかだったように、日本が非常に素晴らしいパフォーマンスをしていることを認めなければならない。

ペルーケイコ 4-1 カスティジョ+2

(※2022年12月の記事)

南米ペルーの当局は7日、カスティジョ大統領を「反逆」の疑いで逮捕した。地元メディアが伝えた。カスティジョ氏はこの日、自らに対する弾劾(だんがい)決議案を採決する予定だった議会を解散し、「臨時政府」を樹立すると発表。これに対し「クーデター」だとの批判が強まり、議会はカスティジョ氏の弾劾決議を成立させたうえ、失職に追い込んでいた。

 後任としてディナ・ボルアルテ副大統領(60)がペルー史上初の女性大統領に就任した。ボルアルテ氏は「大統領によるクーデターの試みがあったが、私の最初の仕事はペルーを団結させることだ」と演説した。

 カスティジョ氏は小学校教員の出身で、労働組合の活動家も務めた急進左派。2021年の大統領選で、アルベルト・フジモリ元大統領の長女ケイコ・フジモリ氏を破り、大統領となった。だが、21年7月の就任から1年も経たない間に内閣がたびたび総辞職し、支持率も急落していた。

https://www.asahi.com/articles/ASQD82JM9QD8UHBI008.html

ペルーどうしてこのユニフォームの時はいつも負けるんだろう?🤔

海外のサッカーファン弱いから負けるんだよ😂

海外のサッカーファンガレカ監督を欠いたペルーはボリビアレベルになってしまう。
コロンビアの控え選手たちに勝ったことで自信をつけていたけど、日本に負けやがった(笑)

2015年からはペルー代表の監督を務めると、コパ・アメリカでは2015年3位、2016年5位、2019年決勝進出だけでなく、2018年にはペルー代表を36年ぶりのワールドカップ出場に導くなど手腕をいかんなく発揮。ペルー国民から熱烈な支持を受けているが、2022年のワールドカップ予選では大陸間プレイオフで敗れ、ペルー代表の監督を辞任した。

リカルド・ガレカ

ペルーそれの何が問題なんだ?
日本と韓国はアジア最高のチームだぞ。彼らはドイツに勝てるんだから、どんな相手にも勝つ可能性はあるだろ。

アルゼンチン↑日本、韓国、オーストラリアがアジア最高のチームだね。

海外のサッカーファン日本はプレー強度が高いね🇯🇵

海外のサッカーファンKAWASAKI、NINJA、SUZUKI、HONDA、YAMAHAのような大排気量バイクがあるんだから、日本が勝つのは当然のことだ。+5

海外のサッカーファンガレカのいないペルー代表はどのチームにとっても怖くない存在だ。
彼らは今、南米最弱のチームだと思う。北中米カリブ海のチームとほぼ同レベルだ。+9

ペルー日本は侮れない相手だよ。ワールドカップではスペインを破り、ドイツを敗退させたんだから。+2

アルゼンチン↑同意するよ。日本は台頭しつつあり、最近の試合ではそれを証明し続けている!
世界王者の国より。

海外のサッカーファン日本は成長著しい国で、いくつか改善点はあるものの、いつか世界の強豪に名を連ねるチームになると思う。

海外のサッカーファン日本の練習のために11本のコーンを貸し出したペルー。+21

海外のサッカーファン日本はもう何年もいいプレーをし続けているからね。彼らはFIFAランキング20位で、ペルーは21位、チリは31位…
つまり、ホームの日本がペルーに勝っても驚くべきことではないんだよ。+8

イギリス日本はアジア屈指の偉大なチームだ。彼らのプレーを見ているとブルーロックのアニメを思い出すよ。
三笘さんは糸師凛だ。チームを引っ張るゴールスコアラー。パサーでもありシューターでもある。
いつも心の中で日本を愛しているよ🇯🇵❤️+2

海外のサッカーファン日本はどのチームにとっても頭痛の種で、常に手強い相手だ。+14

ペルー責任を負うべきなのはレイノソ監督だけだ。日本のようなチーム相手に実験なんてしてはいけない。
タピア、カリージョ、アドビンクラがいなかったけど、私なら韓国戦の前半メンバーで臨む。
+43

補足情報

レナト・タピア(27歳、セルタ)、アンドレ・カリージョ(32歳、アル・ヒラル)、ルイス・アドビンクラ(33歳、ボカ・ジュニアーズ)は来日メンバーに含まれていなかったが、3月のドイツ戦、モロッコ戦に先発出場しているのでおそらく主力。

ペルーどちらにせよ同じだよ。日本の方が強い。

海外のサッカーファン日本はほぼ欧州のチームのようなものだ。過小評価してはいけないよ。+3

シュツットガルトサポおめでとうヒロキ…代表チームでもようやくいいパフォーマンスが報われたね👍👍+25

シュツットガルトサポ伊藤のゴールは嬉しいけど…彼が注目を集めれば集めるほど、成功すればするほど、うちから早く離れることになるんだろうな…

シュツットガルトサポ伊藤はついに初ゴールか。いい子だし、模範的なプロフェッショナルでもあり、常に信頼できる。
すぐに新たな契約を結んでくれることを願っているよ。+21

シュツットガルトサポ伊藤洋輝獲得の費用は40万ユーロ。掘り出し物であることを見抜いていたスカウト部門には大きな拍手を送りたい。

当初ジュビロ磐田から1年間のレンタルで加入していた伊藤は、2022年5月に買い取りオプションの行使により完全移籍。わずか40万ユーロの獲得となっており、当時のミスリンタトSDは「ヒロキはここ数ヶ月のうちに、新しい環境へと非常に早く順応して、日本の2部リーグからブンデスへと昇を即座に果たしてみせた」と評価していた。

https://fussball.jp/stuttgart/2023/06/233998.html

海外のサッカーファン日本がより身体的持久力、スピードに優れていることを示し、食事に気を配っていることも見て取れた。彼らは近代的で見ていて楽しいサッカーを披露していたね。+8

アルゼンチン日本はワールドカップで見せたように、ハイレベルなチームであることを示したね。+2

チリブルーロックプロジェクトの成果が出ているな🤙🤙

イラン日本がアジアカップで優勝するよ。間違いなく🔥+20

ベトナムアジアの王だ。

ベトナム日本サッカーは急速な発展を遂げているね。

ベトナム日本は強すぎる。前の試合みたいに引き分けに持ち込むのは難しそうだ。

ベトナム彼らが本気で勝ち点3を取りに来たら難しいだろうね😂

インドネシア日本はグループ内で最も手強い相手になりそうだ。

あわせて読みたい
海外の反応「日本だけは避けたかった」アジア杯の組み合わせ決定!日本はインドネシア、イラク、ベトナムと同組に「三笘と久保に会える」
管理人アブちゃんのアイコン 管理人アブちゃん

コパ・アメリカに参加して優勝するというサプライズを起こしてほしい。

ペルー代表全員の市場価値は鎌田大地一人の市場価値とほぼ同じらしいです。

ペルー紙『リベロ』は16日、20日に行われるキリンチャレンジカップ2023で日本代表と対戦するペルー代表メンバー全員の市場価値が日本代表MF鎌田大地の市場価値と同等であると報じた。

(中略) ペルー代表チーム全員の市場価値の合計3550万ユーロ(約55億7000万円)と、日本代表の鎌田の価値がほとんど同じであると説明した。 同紙によると鎌田の市場価値は3000万ユーロ(約47億円)である一方、ペルー代表で最も市場価値が高い選手は MLS(メジャーリーグ・サッカー)のアトランタ・ユナイテッドに所属するDFルイス・アブラムの400万ユーロ(約6億2800万円)であり、日本とペルー代表メンバーの市場価値に大きな開きがあることを報じている。

https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20230617/1780358.html
108 Comments
高評価順
新着順 古い順