中国の反応「日本が羨ましい」最高峰の舞台に挑戦する日本人選手の“意識の高さ”に中国感銘

冨安健洋

今夏、名門アーセナルに移籍し、デビュー後すぐに世界最高峰リーグであるイングランド・プレミアリーグで高い評価を受けている日本代表DF冨安健洋(22)。

先日のバーンリー戦では空中戦での強さや精度の高いサイドチェンジで攻守に渡って大活躍。デビュー2戦目にしてサポーターからは欠かせない存在だと大絶賛されています。

そんな冨安のインタビュー第二弾をアーセナル公式メディアが公開し、現地で話題になっています。

――水泳選手になりたかったようだが。

「水泳選手にはなりたくなかった(笑い)。水泳をしていた姉が2人いたので、僕もすることになった。しかし、顎をケガしたんだ。水泳ができなくなり、サッカーをすることになった。プランをサッカーに変えた」

――祖母の家にあるランニングマシーンでケガをした。

「そう。5歳の頃だったと思う。ランニングマシーンで遊んでいた。あまりよく覚えていないが、祖母が言うにはランニングマシーンでケガをした。祖母にケガをしたと伝え、病院に連れていかれた。手術の間、ずっと熱い、熱いと言っていたようだ」

――そして、サッカーに打ち込むことになる。ここに来るまでの経緯を。

「5歳でサッカーを始めたと思う。その後、アビスパ福岡から連絡を受け、17歳のときから(トップチームで)2年間プレーした。ベルギーに移籍し、1年半在籍した。イタリアでは2年やった。そして今、ここにいる」

――ベルギーに移った際、君自身はどう感じていたか。ホームシックになったか。

「それはなかった。欧州でプレーするのが夢だったので、ホームシックにならなかった。17歳の時、日本代表の一員としてイングランド代表と戦い、1―5で負けた。僕らは試合で何もできなかった。その時、“海外でプレーしないといけない”と感じ、ベルギーに行った。欧州でプレーできるようになったのでうれしかった」

――日本、ベルギー、イタリア、イングランドでプレーしている。言葉はすべて違うが、大変だったか。

「ベルギーにいた時は英語を使っていたが、もっと英語の勉強が必要だ。イタリアではイタリア語で話していて、先生に教えてもらっていた。今はプレミアリーグにいるので、英語がもっと良くなれるよう勉強する必要がある」

――英語が非常に上手ですよ。ベルギーからイタリアに移籍したが、どれぐらい大きなステップアップだったか。

「僕の考えでは、ベルギーのサッカーは個人能力を重視している。一方、イタリアのサッカーはもっと戦術的だ。そのため、僕にとっては大きなステップアップだった。僕はDFなので、守備の仕方を学びたかった。イタリアでたくさんのことを学んだし、良い経験になった」

――他に学んだことは。

「実際、日本とイタリアでは守備の仕方に大きな違いはない。しかし、ベルギーとイタリアでは完全に違った。さきほど言ったように、ベルギーは常に個人能力を重視していた。一方、イタリアではもっと戦術的で、チーム全体で動いていた。ベルギーとイタリアでは大きな違いがありました」

――イングランドでプレーすることに興奮しているか。

「以前も言ったが、アーセナルの選手としてプレーできるとは想像もしていなかった。また、プレミアリーグでプレーするのは若い時からの大きな夢だった。とても興奮しているし、スタジアムでプレーするのが待ちきれない」

https://news.yahoo.co.jp/articles/a15693307e1b30ea5782771e244b2fdfb0975a38

このインタビューは中国でもSNSなどで紹介され話題になっています。主に中国のアーセナルファンから冨安の意識の高さを称賛する声が多く寄せられていました。

中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

    中国の反応

    アーセナルサポ とても誠実で、人当たりが良く、真面目な人だね

    アーセナルサポ 最も感銘を受けた言葉。
    「17歳の時、日本代表の一員としてイングランド代表と戦い、1―5で負けた。僕らは試合で何もできなかった。その時、“海外でプレーしないといけない”と感じ、ベルギーに行った」

    アーセナルサポ 彼はまだ若いのにプロの選手としてかなり成熟したメンタリティを持っている。
    トレイラ、これがプロというものだよ。

    アーセナルサポ この2試合を見て感じたこと。
    彼のディフェンスは本当に素晴らしいんだけど、連携面ではサイドバックのレベルに達しておらず、ボールを受けた時に慌てることが何度かあった。もちろんセンターバックとしては身長の高さもあるし十分なレベルだ。

    アーセナルサポ 姉が二人いるのか。日本の出生率は低いはずだよね?我がアーセナルに来る選手はみんな兄弟姉妹がいるようだ。宮市亮にも弟がいたよね。

    「17歳の時、日本代表の一員としてイングランド代表と戦い、1―5で負けた。僕らは試合で何もできなかった。その時、“海外でプレーしないといけない”と感じ、ベルギーに行った」

    これが我々との差だよ

    アーセナルサポ 韓国人と日本人が、サッカーに人種は関係ないということを証明してくれた

    アーセナルサポ 冨安の英語はいい感じだね

    アーセナルサポ 彼の英語は本当に素晴らしい。少なくとも、ボキャブラリーに関しては問題ない。
    1年半経ったら、かなり流暢になっていると思うよ。

    アーセナルサポ 文法の間違いが少ない。体系的に学んできたようだね。

    日本の欧州組の中で最も外国語が堪能な選手はやっぱり久保だと思う

    まさか初日から守備の要になるとは思わなかった…

    泣くおじさん

    アーセナルサポ 彼はしっかりとした高校での学習と海外に渡った後の語学学習のおかげですぐに適応することが出来たんだ。

    アーセナルサポ 元々水泳をやっていて、スイマーの姉が二人。
    このプロフィールはダンカンと同じじゃないか?

    ティム・ダンカン(元NBA選手)

    姉が2人おり(シェリルとトリシア)、姉の影響でダンカンは幼なじみのラジャ・ベルらと共に水泳を始め、トリシアのようなオリンピックレベルの選手になることを夢見た。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%B3

    プロとしての姿勢が素晴らしいね

    アーセナルサポ 将来的には我がアーセナルの守備の屋台骨になって欲しい

    アーセナルサポ 予想外だったよ。この日本人は守備の強度がかなり高い。コストパフォーマンスが良いね。

    アーセナルサポ 冨安をうちが獲得できたなんて、未だに信じられないよ。
    フットボールマネージャー(※ゲーム)内の怪物。

    アーセナルサポ 上々のパフォーマンスだった。これからも頑張ってくれ

    アーセナルサポ このような選手がいるなんて、日本が羨ましい….

    おまけ:仲良く集合写真を撮るアーセナルの選手たち

    アーセナルサポ 冨安ってこんなにデカいのか!

    アーセナルサポ 冨安って身長いくつなの?

    アーセナルサポ 188cmだよ

    プレミアリーグ時代の最後の写真

    やめとけ😂

    管理人アブちゃん

    冨安を嫌いになるような人なんていないでしょうね。チームメイトからも温かく迎えられている気がします。

    それにしても、今週末のトッテナム戦が楽しみですね。最初の2試合の相手は下位クラブだったので、トッテナム戦は冨安にとって最初の試練になりそうです。

    \ Twitterをフォローする /