中国の反応「日本は優秀な選手が多すぎる」開幕戦で大活躍の日本人ボランチを中国絶賛

遠藤航

現地時間8月14日にドイツ・ブンデスリーガ第1節が行われ、遠藤航の所属するシュツットガルトが昇格組のグロイター・フュルトに5-1で勝利しました。

今季から新キャプテンに任命された遠藤航はダブルボランチの一角として先発フル出場。前半30分には巧みなチップキックで今季チーム初ゴールを記録しました。

遠藤のこの日の活躍を地元紙は以下のように評価しています。

地元紙『シュトゥットガルター・ナハリヒテン』では、この試合での遠藤のパフォーマンスに対して「2」と高評価(ドイツでは1から6までで数字が小さいほど高評価)。2得点を挙げたDFマルク=オリバー・ケンプフと3アシストを記録したMFボルナ・ソサに「1.5」の最高評価がつけられ、遠藤は2人に次いで評価の高い選手の一人となった。

「ペレグリーノ・マタラッツォ監督は、五輪を終えて日本から戻ってきた彼が全くチームを離れてなどいなかったかのように練習に加わることができたと言っていた。フュルト戦での新キャプテンの姿もまさにその通りだった」と同紙は評している。「彼は中盤のボスであり、先制ゴールで足元の技術の高さも見せつけた」と得点を評価。「らしくないボールロストも1つか2つあったが問題にならなかった」と、全体的には高評価に値するパフォーマンスだったと述べている。

https://www.footballchannel.jp/2021/08/15/post434905/

そして、中国のサッカーファンの間でも遠藤の活躍は話題に。5大リーグで活躍する日本人選手の多さに対する羨望の声があがっています。

この試合の遠藤に対する中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

    中国の反応

    凄いなあ

    この日本人はチームのキャプテンでもあるんだよ

    日本のウー・レイだ

    日本は優秀な選手が多すぎる。
    大事なのは頭脳を駆使したプレーなんだよ。

    サッカーは本来、知的なスポーツだよ。
    フィジカルやスキルは基礎。ピッチ上では頭脳、サッカーIQが重要になってくる。

    羨ましい。お隣日本のサッカーは、少なくとも20年先を行っていると言わざるを得ない。

    0を一つ追加することができる

    20年どころではない。20年後の中国代表が現在の日本代表に勝てるとでも思っているのか?

    育成システムは50年の差がある

    中国代表の🐷「話題を変えろ」

    中国代表は9月の試合で日本に勝つことができるのか?

    日本人は本当にブンデスリーガで人気だな

    首位に立ったシュツットガルト。いつまで持つかはわからないけどね。

    ブンデスリーガの順位表

    シュツットガルトが復活しただと…

    ヒルデブラントがいた頃はよくシュツットガルトの試合を見ていたよ

    ウー・レイには及ばない。ラ・リーガの看板選手。

    ウー・レイはこの角度からゴールを決めることができるのか?

    ウー・レイは中国で最も優れた選手であり、勤勉で謙虚だ。
    誰も彼を非難すべきではない!

    シュツットガルトサポ 今季はヨーロッパリーグ出場が目標だ!

    シュツットガルトサポ しかし、2名も負傷者がでたので今後は怪我しないようにしよう。

    日本は5大リーグの選手で2つのラインナップを組むことが出来るんだよ。羨ましい。

    日本は450人以上の海外組がいて、そのうちドイツにはなんと250人もいる。
    2つのスカッドはもちろんのこと、450人もいれば中国スーパーリーグを作るのに十分なほどだ。

    管理人アブちゃんのアイコン 管理人アブちゃん

    ウー・レイは先発出場で採点7.0。動画を見るとやっぱり上手いですね。
    帰化軍団とウー・レイぐらいかな、中国代表で怖いのは。

    \ Twitterをフォローする /