海外の反応「理解できない」キャプテン翼、女子マネへの暴力シーンがチリで裁判沙汰に

平手打ちする三杉淳

チリで日本の大人気サッカーアニメ「キャプテン翼」のとあるシーンが問題となっています。

問題となったのは2019年7月に放送された回で、主人公・大空翼のライバル三杉淳が女子マネージャーの青葉弥生を平手打ちした場面。心臓の病を隠していた三杉は、その病のことを翼に伝え試合にわざと負けるよう頼んでいた女子マネージャーのことを許せず、手を上げてしまいました。

この場面を「女性への暴力的な描写があった」と審査団体が問題視。2020年2月、審査団体はチリ国営放送に罰金511万ペソ(約73万円)を科しましたが、その後、チリ国営放送が罰金の無効を求めて提訴。

そして今月2日にこの訴訟の判決が下され、罰金の支払いは不要だと判断されました。裁判所は「性別を理由とした暴力シーンは含まれていない。このアニメは暴力的なものではなく、サッカーに没頭している子どもたちの成長の物語だ」「キャラクターが女性だから暴力的になったわけではなく、彼女が秘密、私的な事情を他者に明かしたために生まれたシーンだ」と説明しています。

この話題が掲示板やSNSで拡散されると、主にアニメファンから、審査団体に対する疑問の声や裁判所の判決を称賛する声が多く寄せられていました。
海外の反応をまとめましたのでご覧ください。

    海外の反応

    アニオタ 笑ったわ

    アニオタ なんて繊細な人たちなんだ

    チリ チリ出身だけど、このことを知らなかったわ(笑)

    アニオタ 本当に馬鹿げているな

    アニオタ 罰金が無効になって良かった。彼らは一体どういう考えで罰金を要求したんだ?

    アニオタ このシーンは、ジェンダーに基づく暴力とは何も関係がない。
    幸いなことに罰金は取り消されたようだが。

    アニオタ 実際に起きている暴力事件を心配する代わりに、彼らは架空のキャラクターを心配している。
    ブラボーフェミニスト。 +27

    アニオタ 信じられないわ(笑)
    こういう年老いた人たちは話の流れを全く理解せずに何でもかんでも検閲したがるんだよな。
    彼らは恥をかいた。

    アニオタ 理解できない。
    暴力シーンに対する最も論理的な解決策は、検閲することなのだろうか?
    暴力を受けた女性がそれを隠さずに声を上げて糾弾する運動はある。そのシーンがジェンダーに基づく暴力である場合、彼らはそれを取り上げて議論に発展させることもできるのにね。

    コスタリカのアニオタ 裁判所がイデオロギーに流されず、客観性を持ってこのチャンネルを支持する判決を下したのは良かった。 +4

    アニオタ 平手打ちに6900ドルの罰金か。ではサッカーボールはどうなんだ?
    彼は毎日のように蹴られているが、裁判で争われることはない。どこが平等なんだ? +31

    アニオタ テレビが勝訴したとしても、今回の事件はアニメの検閲がさらに増える前例となるかもしれない。
    そうなったら最悪だ。 +4

    アニオタ 実際には性別は関係なくて、登場人物のこれまでのストーリーや流れを考慮して罰金は無効になった。だから逆に検閲がうまくいくとは思えないね。
    それに検閲されるべきではない。

    アニオタ 俺の人間に対する理解はとっくの昔に死んだが、彼らはまだその死体を攻撃し続けている…

    アニオタ 彼らが「慎重勇者」を見たら終身刑を求めていただろうな

    女性に容赦なくビンタを食らわす勇者

    アニオタ その章は40年前に発行されたんだぞ。今になってそんなあほなことをする必要があるのか(笑)

    アニオタ (笑) 政府は企業から金を巻き上げるためならなんでもやるんだよ

    アニオタ 全ての物事について不平を言う奴らっているよな

    アニオタ いずれにしても、人間にはジェンダーなんてものはない。生物学的な性差があるだけだ。
    暴力は暴力なのに、なぜ新しい種類の暴力を定義するのか、俺には理解できない。

    一般的にジェンダーは生物学的な性差(セッ⚪ス)に付加された社会的・文化的性差を指します。では、社会的・文化的性差とはどういうことでしょうか・・・?ジェンダーは、「男性だから・女性だから」、と枕詞がついて「こうあるべき」姿として、それぞれが所属する社会や文化から規定され、表現され、体現されます。それは、服装や髪形などのファッションから、言葉遣い、職業選択、家庭や職場での役割や責任の分担にも及び、更に、人々の心の在り方や、意識、考え方、コミュニケーションの仕方にまで反映されます。

    http://www.pko.go.jp/pko_j/organization/researcher/atpkonow/article070.html

    アニオタ 常識よりもイデオロギーの方が発信力があるように見える現代において、切り取ったシーンで判断するのではなく、時間をかけてストーリーを分析してくれたことは高く評価できる。
    登場人物の性別や役割が逆だったとしても、状況はほとんど同じだ。
    結局のところ、守ると約束した他人の秘密を明かすのは間違いなんだよ。約束は約束だ。

    管理人アブちゃんのアイコン 管理人アブちゃん

    アニメやドラマで女性が男性をビンタするシーンはよく見ますが、問題になりませんよね。
    ただ、どうしても女性は男性に力で劣ってしまうので、「女性への暴力が軽々しく扱われないために規制する」という考えもあるのでしょう。赤ちゃんに対する暴力シーンは間違いなく規制されるでしょうし、それに近い考えでしょうね。
    このシーンは、グーパンだったら印象が結構違いますよね。程度の問題でもあるのかな?(・∀・)

    \ Twitterをフォローする /