中国の反応「アジアのスターになるぞ」日本人高校生の“ブラジル流”キレキレドリブルに中国人驚愕

2019年に行われた第98回全国高校サッカー選手権宮城県予選。

ドリブルを重視したスタイルで決勝まで勝ち進んだ聖和学園は、惜しくも名門・仙台育英に敗れましたが、独特なサッカースタイルで観客を魅了しました。

中でも7番の山下慶次選手(現中部大学)の切れ味鋭いテクニカルなドリブルは、日本サッカーファンの間で大きな話題になりました。

そして中国でも山下選手のプレーが紹介され、サッカーファンの間で話題になっています。日本人選手の特徴でもある高度なテクニックに驚愕の声がたくさん寄せられていました。

海外の反応の一部を紹介しますのでご覧ください。