闘莉王 11

中国の反応「並外れた記録」あの日本人が世界2位!21世紀のDF得点ランキング

2月17日、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)が「21世紀におけるディフェンダーの得点ランキング」を発表しました。二位にランクインしたのは、元日本代表DF田中マルクス闘莉王。104ゴール(J2での得点は除く)を記録しており、21世紀に100ゴール以上を記録したディフェンダーはセルヒオ・ラモスと田中マルクス闘莉王のみとなっています。このランキングが中国で話題になっていましたので、コメントの一部を紹介します。

レッドカードを貰うイ・ガンイン 0

「愚かなファール」久保建英のライバル・イガンインがレアル・マドリード戦で途中出場からの一発退場し海外騒然

リーガ・エスパニョーラ第29節のレアル・マドリード対バレンシア戦で、久保建英のライバルとされている韓国のイ・ガンイン(19)が再び愚行を働きました。セルヒオ・ラモスからボールを奪う際、後ろから三度も脚を蹴りつけ主審は即座にレッドカードを提示しました