鎌田大地 21

ドイツの反応「マジシャンだ」鎌田大地、芸術クロスで11アシスト目&神プレーで起点!海外サポ称賛

4月20日にブンデスリーガ第30節が行われ、鎌田大地と長谷部誠の所属する4位フランクフルトが11位アウクスブルクに2-0で勝利しました。フランクフルトは暫定3位に浮上しています。鎌田大地は先発出場。37分に精度の高いクロスから先制ゴールをアシストすると、58分には見事なターンとパスでアンドレ・シウバのゴールの起点となりました。スタッツサイト『SofaScore』の採点ではチーム7位の7.2の評価となっています。この試合に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

遠藤航 23

ドイツの反応「和製カンテだ」“潰し屋”遠藤航、絶品スルーパスで魅せる 勝利に貢献し海外サポ大絶賛

現地時間1月10日にブンデスリーガ第15節が行われ、遠藤航の所属する11位シュツットガルトが10位アウクスブルクに4-1で勝利しました。シュツットガルトは4試合ぶりの勝利となり、10位に浮上しています。遠藤航は先発出場。ブンデスリーガデュエル勝利数1位に君臨している遠藤は、幾度となく相手の攻撃の芽を潰し、攻撃では華麗なスルーパスでチャンスを演出する場面もありました。90分までプレーし、今季初の途中交代となっています。この試合に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

堂安律 21

ドイツの反応「傑出している」堂安律がゴリブル突破と強烈ミドルで圧倒的存在感 エースとして攻撃を牽引

現地時間12月16日にブンデスリーガ第12節が行われ、堂安律の所属するビーレフェルト(16位)がアウクスブルク(12位)に0-1で敗れました。堂安律は先発出場。フィジカルの強さを生かしたドリブル突破や強烈なミドルシュートで相手ゴールを脅かし、その後もプレースキックや絶妙なラストパスでチャンスを演出。ビーレフェルトのエースとして攻撃を牽引しました。この試合に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。