冨安健洋

中国「差別だ」「中国人だったら大炎上」冨安健洋の顔面踏みつけ被害に中国激怒【海外の反応】

現地時間12月6日に開催されたプレミアリーグ第15節が開催され、冨安健洋の所属するアーセナルがエバートン戦に1-2で敗れました。この試合で相手選手に顔面を足裏で踏まれた冨安に対して、現地メディアは以下のように伝えています。この現地メディアの報道は中国でも話題に。カードが出なかったことに対する不満の声やアジア人の地位の低さを嘆く声などが寄せられていました。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

頬が裂けた冨安

海外の反応「戦士だ」冨安健洋、顔を踏まれても攻守で躍動!海外から称賛の声 採点チーム3位 空中戦勝率100%

現地時間12月6日にプレミアリーグ第15節が開催され、冨安健洋の所属する7位アーセナルが敵地で16位エヴァートンと対戦し、1-2で敗北しました。この試合の冨安に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。