高校サッカーの圧巻ドリブル集

海外の反応:日本の高校サッカーの“圧巻ドリブル集”に中国衝撃!「上手すぎる」

Youtubeチャンネル『高校サッカー公式』は7月30日、小山尚紀(静岡学園)、松木玖生(青森山田)、古川陽介(静岡学園)の、高校時代の「圧巻ドリブル集」を公開しました。この動画が中国のSNSで共有され話題になっています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

高校サッカー選手権トップ20ゴール

海外の反応「この子はアジアにいちゃいけない」日本の高校サッカー選手権トップ20ゴールが凄すぎると中国で話題に

青森山田の3大会ぶり3度目の優勝で幕を閉じた第100回全国高校サッカー選手権。この大会で生まれたトップ20ゴール動画が中国のネット上で話題になっています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

上白石萌音の生歌

海外の反応「凄すぎる」日本の美人女優が選手権決勝で美声披露!圧巻の生歌に中国感動

青森山田は10日、第100回全国高校サッカー選手権決勝で大津を4-0で破り、3大会ぶり3度目の優勝を果たしました。この試合のキックオフ前に女優で歌手の上白石萌音が選手権の応援歌を生歌で披露。力強い歌声が中国のネット上でも話題になっています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

青森山田の鬼キープ

海外の反応「中国だったら乱闘」青森山田の時間稼ぎに賛否両論の声

1月10日に第100回全国高校サッカー選手権の決勝戦が行われ、4年連続で決勝に進出した青森山田が大津を4-0で圧倒し、3度目の優勝を果たしました。被シュート0という驚異的な内容で大勝した青森山田でしたが、試合終了間際、4-0とリードしている場面で時間稼ぎをしたことが、日本のサッカーファンの間で大きな議論に。この時間稼ぎは中国のネット上でも話題になっています。中国のサッカーファンからも賛否両論の声が上がっていました。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

決勝戦の観客数

海外の反応「日本サッカーはアジアNo.1だ」高校サッカー決勝戦を見た中国人、日本の青春に羨望

1月10日に全国高校サッカー選手権・決勝戦が開催され、青森山田が大津に4-0で大勝し、3大会ぶり3度目の優勝を果たしました。この試合は中国のネット上でも話題になっています。ハイレベルなプレー、会場の雰囲気、観客数などに対して羨望の声が多数寄せられていました。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

青森山田の鬼キープ

海外の反応「アメフトですか?」日本の高校生の“肉壁”鬼キープに海外衝撃

1月10日に全国高校サッカー選手権・決勝戦が開催され、青森山田が大津に4-0で大勝し、3大会ぶり3度目の優勝を果たしました。この試合の終了間際に青森山田の選手たちがコーナー付近で披露した迫力満点の時間稼ぎが海外で話題になっています。海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

青森山田

海外の反応「強すぎる」青森山田が高校サッカー選手権制覇!三冠達成!圧倒的な強さに海外衝撃

青森山田が3年ぶり3度目の優勝。インターハイ、プレミアリーグEASTと合わせて高校3冠を達成した。決勝でも、圧倒的な強さを見せつけた。
前半37分、この試合9本目のコーナーキックを丸山が頭で押し込んで先制。その3分後には名須川が左からのグラウンダーに合わせて追加点を奪った。
後半も主導権を渡さずに、同10分には注目の松木が頭で合わせて3-0。同33分にも渡辺が4点目を決めた。守備陣も相手にシュートを打たせず完封。
2年連続で決勝で敗れていた無念を、チーム一丸で晴らした。初優勝を狙った大津も必死に食らいついたが、攻守ともに完敗だった。

松木玖生のゴール

海外の反応「凄すぎる」日本の名門校エースが決めたスーパーゴールに中国驚愕

1月8日に第100回全国高校サッカー選手権・準決勝が国立競技場で行われ、青森山田(青森)が高川学園(山口)と対戦。今年のインターハイとプレミアリーグEASTを制し、高校生年代最強とも言われる青森山田は、高川学園のお株を奪うセットプレーや、エース松木の個人技などで大量6得点を奪い圧勝。盤石の強さで決勝に駒を進めました。この試合は中国でも話題になっています。主に松木のゴールに対して衝撃の声があがっていました。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

大津高校がTwitterで賛助金を緊急募集

海外の反応「漫画みたいだ」4強進出で資金難の日本の高校に寄付金1000万円集まる!中国から感動の声

高校年代最高峰のリーグ戦であるプレミアリーグWESTで4位に入り、第100回全国高校サッカー選手権で優勝候補に挙げられている大津高校(熊本)。3回戦まで毎試合3得点以上を奪って勝ち進むと、準々決勝では名門・前橋育英(群馬)に1-0で勝利し、初の準決勝進出を果たしました。その大津高校が、勝ち上がりによる遠征延長で活動資金不足に陥り、支援金の緊急募集を行なったことが中国で話題になっています。支援金の募集を呼びかけ、2日で1000万円もの大金が集まったことに対して、中国から感動や羨望の声が多数寄せられていました。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

青森山田の巧妙なコーナーキック戦術

海外の反応「凄すぎる」日本の“最強”高校生たちが見せた巧妙なコーナーキック戦術に中国衝撃

昨年のインターハイと、高校年代最高峰のリーグである高円宮杯U-18プレミアリーグEASTを制し、今回の全国高校サッカー選手権大会で優勝候補の一角として挙げられている青森山田高校。4日に行われた準々決勝・東山戦では、先制点を奪われたものの、PKで追いつき、伝家の宝刀であるロングスローから2点目を奪い逆転勝利。見事準々決勝に駒を進めました。そんな青森山田がこの試合で見せた巧妙なコーナーキックが中国のネット上で話題になっています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

3回戦ハイライト

海外の反応「恐ろしい」名門校の超絶ゴール祭り!高校サッカー3回戦に中国衝撃

1月2日に第100回全国高校サッカー選手権大会・3回戦8試合が開催され、優勝候補の青森山田、大津、静岡学園などが盤石の強さで順調に勝ち進みました。3回戦の試合は中国のネット上でも話題に。日本の高校生の卓越したスキルやスーパーゴールの数々に衝撃の声が寄せられていました。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

古川陽介

海外の反応「日本のメッシだ」逸材高校生が圧巻の“30m独走”ドリブル弾!衝撃を受ける中国人

1月2日に第100回全国高校サッカー選手権大会の3回戦が行われ、静岡学園が宮崎日大に8-0で勝利しました。この試合で静岡学園のエース古川陽介が決めた圧巻の3人抜きドリブル弾が中国で話題になっています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。