全国高校サッカー選手権

全国高校サッカー選手権大会の決勝戦

海外の反応:元中国代表FWが高校サッカー決勝を観戦し感銘!中国人「日本のスポーツには感心せざるを得ない」

昨年4月現役を引退した元中国代表FW楊旭(36)が8日に行われた第102回全国高校サッカー選手権大会の決勝戦を生観戦したことを自身のSNSで報告。「日本はまた1年進歩し、中国はまた1年足踏み」とコメントし、中国で話題になっています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

青森山田対近江高校

海外の反応:高校サッカー決勝の観客数とレベルに中国衝撃「彼らのサッカーIQが高いのは勉強もしているからだ」

1月8日に国立競技場で第102回全国高校サッカー選手権大会の決勝戦が行われ、青森山田(青森)が近江(滋賀)と対戦。青森山田が3-1で勝利し、2大会ぶり4度目の優勝を果たしました。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

全国高校サッカー選手権大会の準決勝に対する中国の反応

中国の反応:高校サッカー準決勝2試合のレベルの高さに中国衝撃「日本がアジアを席巻できるのも不思議ではない」【海外の反応】

1月6日に全国高校サッカー選手権大会の準決勝が行われ、青森山田が市立船橋に1-1(PK4-2)、近江が堀越に3-1で勝利しました。決勝は優勝候補の青森山田と、名だたる強豪校を撃破してきた近江による、注目の一戦となっています。日本の全国高校サッカー選手権大会は中国でも注目度が高く、準決勝の2試合に対して中国のサッカーファンから様々な声が上がっています。

神村学園対近江

中国人「これがサッカーの魅力」高校サッカー準々決勝の“神試合”に中国驚嘆【海外の反応】

第102回全国高校サッカー選手権大会の準々決勝が4日に行われ、近江(滋賀)が超高校級トリオ擁する神村学園(鹿児島)に4-3で勝利しました。近江と神村学園の試合は中国のネット上でも注目を集めています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

高校サッカー2回戦のスーパーゴール集

海外の反応:高校サッカー2回戦のスーパーゴール集に海外衝撃「まるでプロの試合」「子供を日本の高校に通わせたい」

第102回全国高校サッカー選手権大会の3回戦が2日に行われ、ベスト8が出揃いました。青森山田、神村学園などの注目校は2回戦を突破しましたが、前回大会王者の岡山学芸館は初出場の名古屋にPK戦で破れ敗退しました。そんななか、2回戦のスーパーゴール集が海外で注目を集めています。

名和田のゴール

海外の反応:日本の次世代エースが初得点!教科書通りのビルドアップ弾に中国驚嘆「高校生とは思えない」「みんなサッカーIQが高い」

名和田擁する神村学園(鹿児島)は31日の全国高校サッカー選手権大会2回戦で松本国際(長野)と対戦。名和田のゴールを含む2得点を決めた神村学園が2-0で勝利し、3回戦に進出しました。名和田のゴールは中国のネット上でも話題になっています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

静岡学園DF野田のゴール

海外の反応:名門高校の華麗なカウンター連携弾に中国震撼「日本サッカーは凄い」「高校生ですでにティキタカをマスターしている」

12月29日に第102回全国高校サッカー選手権大会の1回戦が行われ、優勝候補・静岡学園(静岡)が明徳義塾(高知)と対戦。GK中村圭佑(東京ヴェルディ)、MF高田優(徳島ヴォルティス)、FW神田奏真(川崎フロンターレ)とJ内定者3人を擁する優勝候補・静岡学園が力の差を見せつけ、6-0と大勝を収めました。この試合でDF野田裕人が決めた静岡学園の2点目のカウンター弾が中国のネット上で紹介され注目を集めています。

仙台育英対神戸弘陵

海外の反応:高校サッカーで生まれた“パス11本”圧巻連携弾に中国衝撃「完全にプロレベル」

第102回全国高校サッカー選手権大会の1回戦が29日に行われ、神戸弘陵高(兵庫)が仙台育英高(宮城)に4-0で勝利しました。この試合で神戸弘陵が決めた圧巻のパスワーク弾が中国のネット上で紹介され話題になっています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

高校サッカー選手権の一回戦

海外の反応:高校サッカー1回戦で生まれたスーパーゴールの数々に中国衝撃「この民族は恐ろしい」「毎年スローインの怪物が現れるね」

12月29日に第102回全国高校サッカー選手権大会の1回戦が行われ、2回戦の対戦カードが決まりました。プレミアリーグ勢はいずれも白星スタート。清水エスパルス加入が内定している市立船橋FW郡司璃来(3年)が今大会初のハットトリックを達成しています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

全国高校サッカー選手権大会の開会式

海外の反応:高校サッカー選手権の開会式と開幕戦に中国羨望「来世は日本でサッカーがしたい」「こんなに観客がいるのか」

12月28日に第102回全国高校サッカー選手権大会が国立競技場で開幕。開幕戦は初出場校同士の対決で、広島国際学院(広島)が早稲田実業高校(東京B)に2-0で勝利しました。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

聖和学園

中国人「日本サッカーの未来は明るい」異次元ドリブル軍団・聖和学園のプレー集に衝撃を受ける中国人たち【海外の反応】

昨年11月に行われた第101回全国高校サッカー選手権・宮城県予選決勝で東北学院高に0-0(PK6-5)で勝利し、6年ぶり5回目の全国大会出場を決めた聖和学園。全国大会では2回戦で惜しくも東山に0-4で敗れてしまいましたが、チームの持ち味である華麗なドリブルで高校サッカーファンを魅了しました。そんな聖和学園のドリブル集が中国のネット上で紹介され話題になっています。

凱旋した岡山学芸館サッカー部員たち

中国人「アジアの光だ」全国Vの岡山学芸館が凱旋!市を挙げて祝福する様子に中国から羨望の声【海外の反応】

今月行われた第101回全国高校サッカー選手権・決勝戦で東山(京都)を3-1で破り、岡山勢初となる全国制覇を果たした岡山学芸館(岡山)。優勝後、岡山に凱旋すると、到着した駅や母校では多くの人に祝福され、岡山市役所では市から「人見絹枝スポーツ顕彰」のスポーツ栄誉賞が贈られました。その様子が中国のネット上で話題になっています。

国立競技場で写真撮影する楊旭と家族 サムネイル

元中国代表が日本の高校サッカー決勝を生観戦し感銘を受ける→中国人「日本サッカーは純粋」「学ばないと」【海外の反応】

1月9日に第101回全国高校サッカー選手権・決勝戦が行われ、岡山学芸館が東山を3-1で破り、初の全国制覇を果たしました。この試合を元中国代表FW楊旭(35)が現地で観戦。自身のSNSに、国立競技場の前で撮影した家族写真や、優勝校・岡山学芸館がトロフィーを掲げる様子を投稿し、中国のネット上で話題になっています。

全国高校サッカー選手権のスタジアムの様子

海外の反応「日本代表が強いのも納得」英メディアが日本の高校サッカー選手権を紹介『最も大きなアマスポーツイベントの一つ』【海外の反応】

第101回全国高校サッカー選手権の決勝戦が1月9日に行われ、岡山学芸館(岡山)が東山(京都)を3-1で破り、悲願の初優勝。全国3883校の頂点に立ちました。試合が行われた国立競技場には5万868人が来場。スタジアムは活気で溢れ、ほぼ満員の大観衆が高校サッカー最高峰の戦いを見届けました。そんな全国高校サッカー選手権をイギリスのサッカーメディア『Copa90』が注目。大会について以下のように取り上げています。

真田蓮司

海外の反応「日本と比較してはいけない…」高校サッカー決勝で生まれたスーパーミドルにインドネシア人驚愕

1月9日に第101回全国高校サッカー選手権の決勝戦が行われ、岡山学芸館が東山に3-1で勝利。岡山県勢初となる全国制覇を成し遂げました。この試合で生まれたスーパーゴールがインドネシアで話題になっています。インドネシア人の反応をまとめましたのでご覧ください。

岡山学芸館対東山

中国人「恐ろしすぎる」高校サッカー決勝に5万人超来場!レベルの高さに中国衝撃【海外の反応】

1月9日に全国高校サッカー選手権・決勝戦が国立競技場で行われ、岡山学芸館(岡山)が東山(京都)が対戦。会場には5万868人が来場しました。この試合は中国のネット上でも話題になっています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

全国高校サッカー選手権決勝戦

日本の高校サッカー選手権・決勝戦に韓国人驚愕「韓国とは次元が違う」「日本の部活を経験してみたい」【海外の反応】

全国高校サッカー選手権の決勝戦が1月9日に行われ、岡山学芸館が東山に3-1で勝利。岡山県勢初となる全国制覇を果たしました。この試合は韓国のネット上でも話題になっています。この試合に対する韓国の反応をまとめましたのでご覧ください。

全国高校サッカー選手権準々決勝

中国人「上手すぎる」神村学園が青森山田を撃破!高校サッカーのレベルの高さに中国衝撃【海外の反応】

1月4日に第101回全国高校サッカー選手権・準々決勝が行われました。連覇を目指す青森山田(青森)は、ドイツ1部・ボルシアMGへの加入が内定している福田師王擁する神村学園(鹿児島)と対戦。前半34分に青森山田MF中山のゴールでリードを許した神村学園は後半16分、福田師王の落としから西丸道人が抜け出し、巧みなドリブルから左足でゴール右隅に決め、同点に追いつきました。直後の後半20分、カウンターから西丸がドリブルで運び、味方との連携からシュート。こぼれ球を福田が決め、逆転に成功しました。その後も一進一退の攻防が続きましたが、そのまま2-1で試合終了。前回王者を破った神村学園が準決勝に進出しました。この試合を含む、準々決勝の各ゴールが中国のネット上で注目を集めています。

前橋育英対昌平

高校サッカー選手権、前橋育英vs昌平のレベルの高さに中国衝撃!「あの大腿筋を見ろ」「連携も素晴らしい」【海外の反応】

1月2日、第101回全国高校サッカー選手権・3回戦が行われ、準々決勝に進出する8強が出揃いました。そんななか、3回戦の前橋育英vs昌平の試合が中国で話題になっています。ハイレベルな攻防に、羨望の声が多数寄せられていました。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。