transfermarktが発表したアジア人市場価値ランキング

海外の反応「日本は凄いな」アジア人の市場価値トップ10が発表!日本は最多4人がランクイン!

ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が26日、アジア人選手の市場価値トップ10を発表しました。日本人は最多4人(冨安、鎌田、南野、堂安)がランクインしています。海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

日本と中国の合計市場価値の差2

海外の反応「比較するのも恥ずかしい」日本と中国のチーム市場価値の差は5倍以上!中国から嘆きの声

1月27日にカタール・ワールドカップのアジア最終予選で中国代表と対戦する日本代表。現在4勝2敗の勝ち点12でグループBの2位につける日本に対し、中国は1勝2分3敗の勝ち点5で5位。ワールドカップ本戦出場のためには、どちらも勝ち点を落とせない重要な試合となっています。そんな両チームの合計市場価値(transfermarkt)の差が中国のネット上で話題になっていました。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

冨安健洋の市場価値

海外の反応:冨安健洋、30億超えの男に!最新市場価値ランキングに中国から羨望の声「羨ましいのは…」

ドイツの移籍専門メディア『transfermarkt』は先日、市場価値のアップデートを行い、冨安健洋が500万ユーロ増で日本人トップの2500万ユーロ(約32億円)となりました。日本人の市場価値ランキングは中国のネット上でも話題になっています。中国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

世界の右ウイング市場価値ランキング

【海外の反応】久保建英は何位?世界の右ウイング市場価値ランキングを独メディアが公開「サラーがメッシより上?」

ドイツのサッカー移籍専門メディア『Transfer Markt』は17日、世界中の選手を対象とした右ウイングの市場価値ランキングを発表しました。1位はリバプール所属のモハメド・サラー。2位はドルトムントのジェイドン・サンチョ。そして3位にバルセロナの大黒柱リオネル・メッシがランクインしました。