イ・スンウ 80

「イ・スンウは眼中にないのか」日本人獲得のSTVVに韓国記者が嘆き 韓国「悲しくなってきた」

日本企業DMM.comがオーナーを務めるベルギー一部・シント=トロイデンは20日、U-24日本代表FW林大地をサガン鳥栖から獲得しました。「韓国のメッシ」ことイ・スンウも同クラブに所属していることから、このニュースは韓国でも話題に。日本人選手を多く抱えるシント=トロイデンに対して韓国人記者が嘆いているようです。この嘆きに対する韓国の反応をコメント欄などからまとめましたのでご覧ください。

堂安律 44

韓国の反応「凄いね」一度は韓国に負けた“日本の次期エース”の向上心に韓国人脱帽

2020/21シーズン、ドイツ・ブンデスリーガのアルミニア・ビーレフェルトでエースとして活躍した日本代表・堂安律(23)。34試合5ゴール3アシストを記録し、一時は下降気味だった市場価値も700万ユーロ(約9億2000万円)まで上昇しました。そんな堂安のインタビューが韓国で話題になっています。屈辱を受けてもそれを成長の糧にして成り上がった堂安。韓国では堂安の姿勢を称賛する声が寄せられていました。この話題に対する韓国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

イ・スンウ 134

韓国の反応「Jリーグに行こう」コリアンメッシ、衝撃の五輪代表落選!嘆く韓国人

大韓サッカー協会は16日、東京オリンピック代表チームの二次招集メンバー23人を発表しました。これまで五輪チームのメンバーとして6月の親善試合に2試合出場していた韓国のメッシことイ・スンウ(23、ポルティモネンセ)と、バルセロナ下部組織出身のペク・スンホ(24、全北)は落選。イ・スンウはSNSで悔しい心情を吐露しています。この話題に対する韓国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

イ・スンウ 96

韓国の反応「呆れるねw」コリアンメッシ、ガーナ人にビンタされ“レッド誘発”

U-24韓国代表は6月15日、国際親善試合でU-24ガーナ代表に2-1で勝利しました。この試合でイ・スンウ(23)の受けたファールが韓国で話題になっています。韓国の1点リードで迎えた後半42分、相手選手の前に身体を入れたイ・スンウの側頭部をめがけてガーナの19番ジョナー・アットゥクアイエが手のひらで強烈な一撃。主審がVARで確認した結果、このガーナ人選手にレッドカードが提示されました。この話題に対する韓国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

イ・スンウ 66

韓国の反応「意味がない」コリアン・メッシが練習でイキり“神トラップ”!ファンから厳しい声

U-24韓国代表に選ばれたポルティモネンセ所属のイ・スンウ(23)。彼が練習中に見せた神トラップが韓国で話題になっています。この話題に対する韓国の反応をコメント欄などからまとめましたのでご覧ください。

イ・スンウ 69

韓国の反応「残念だ…」コリアン・メッシvs強豪ベンフィカ!韓国人絶望

現地時間4月22日、ポルトガルリーグ第28節が行われ、ポルティモネンセがベンフィカに1-5で敗れました。イ・スンウ(23)は後半24分から途中出場。移籍後最長の出場時間となりましたが、違いを作り出せず、フィジカルでも弱さを露呈。韓国のメッシに大きな期待を抱いていた韓国のファンも、このパフォーマンスには落胆したようです。韓国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

イ・スンウ 44

韓国の反応「帰ってこい」コリアン・メッシの新たな奇行に呆れ果てる韓国人

4月9日にポルトガルリーグ第26節が行われ、安西幸輝と中村航輔の所属するポルティモネンセがギマラインスに3-0で勝利しました。この試合で終了間際に途中出場したイ・スンウの奇行が韓国で話題になっています。試合終了間際に、チームが3-0でリードしているにも関わらず、不要なイエローカードを貰ってしまったイ・スンウ。この奇行を見た韓国のサッカーファンからは失望の声が寄せられていました。韓国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

冨安健洋とイ・スンウ 49

韓国の反応「日本が羨ましい」冨安健洋とイ・スンウのキャリアを比較する韓国人

日本代表DF冨安健洋と韓国代表FWイ・スンウの近況を比較する動画がYoutubeに投稿され、韓国で話題になっています。この話題に対する韓国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。セリエA屈指のDFに成長した冨安と、ベルギーリーグで戦力外となったイ・スンウとの間には、現在大きな差があると言ってもいいでしょう。そんな二人の対照的なキャリアを見た韓国人からは様々な声が寄せられています。

イ・スンウ 24

海外の反応「ミルクの時間」韓国代表イ・スンウの奇行に相手MFも苦笑い

現地時間11月8日にベルギーリーグ第12節が行われ、シント=トロイデンがヘンクに1-2で敗れました。

この試合は鈴木優磨と伊東純也が先発出場し、鈴木優磨は1ゴールを記録。日本人対決は伊東純也のヘンクに軍配が上がりました。

そして悪い意味で注目を集めたのは、81分から途中出場した韓国代表FWイ・スンウでした。