吉田麻也に関する海外の反応記事です。

吉田麻也 10

海外の反応「なんてゴールだ」吉田麻也、メガクラブからゴール!チーム2位タイの採点!魂のヘディングを現地サポ大絶賛

現地時間9月26日、セリエA第6節が行われ、吉田麻也の所属するサンプドリアがユベントスに2-3で敗れました。吉田麻也は先発出場、前半44分に今季2点目となるヘディングシュートを決めています。この試合の吉田に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

吉田麻也 50

中国の反応「中国人に欠けているものだ」日本人選手の熱血コメントに感銘を受ける中国人

日本代表の主将・吉田麻也(33)が、カタールワールドカップ・アジア最終予選の中国戦に向けてオンライン取材を行い、その内容が中国で話題になっています。このインタビューに対して、中国からは使命感や意識の高さを称賛する声が多数寄せられていました。その一部を紹介しますのでご覧ください。

吉田麻也 25

韓国の反応「日本人は礼儀正しい」吉田麻也、日韓戦後に殊勝コメント!韓国人大絶賛

3月25日、国際親善試合で宿敵・韓国相手に3-0で完勝した森保JAPAN。試合後、吉田麻也が殊勝なコメントを残し韓国で話題になっています。この話題に対する韓国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

冨安健洋のインスタグラム 90

韓国の反応「勝者の余裕だね…」日本代表、大勝後に愉快なやり取り 韓国人の自尊心ズタボロ

悪質なファールを受けた冨安は、試合後に自身のインスタグラムを更新。イ・ドンジュンの卑劣な行為を許す冨安の紳士的なコメントを見た韓国人から、謝罪と称賛の声が殺到していました。この投稿に対し、遠藤航は「マウスピースつけましょう」と返信。吉田麻也もイタリア語で「歯が無い方がかっこいいよ」と返信し、歯が抜けたまま奮闘した同僚ディフェンダーを称えました。このやり取りが韓国で話題になっています。大勝を収めた日本代表選手達の余裕のあるやり取りを見た韓国人は、果たしてどのような感想を抱いたのでしょうか。韓国の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

冨安健洋と吉田麻也 21

中国「隙がない」冨安&吉田のCBコンビが鉄壁すぎると話題に【海外の反応】

日本代表ディフェンダーの吉田麻也(32歳)と冨安健洋(22歳)が鉄壁すぎると中国で話題になっています。この動画に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。守備のミスから3失点した中国に対して、エースのアズムンを中心としたイランの強力な攻撃陣を完封した日本の守備陣。

10年間のアジアベストイレブン 27

海外の反応「日本はタレントが多い」過去10年間アジアベスト11、日本が最多選出 中国人脱帽

1月30日、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)が2011年~2020年アジアベストイレブンを発表しました。日本からは吉田麻也、冨安健洋、本田圭佑が選出され、最多となっています。このベストイレブンが中国のSNSで話題になっています。中国からはウー・レイ一人が選出されましたが、納得している中国人サッカーファンはあまりおらず、日本人選手をもっと選ぶべきだという声がたくさん寄せられていました。海外の反応の一部を紹介しますのでご覧ください。

吉田麻也 27

海外の反応「怪物だ」吉田麻也、ロナウドに神タックル連発し完封!海外ユーベサポも大絶賛

現地時間1月30日にセリエA第20節が行われ、吉田麻也の所属する10位サンプドリアが4位ユベントスに0-2で敗れました。この試合に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。吉田麻也はセンターバックで先発出場。42分、裏に抜け出したロナウドがビッグチャンスを迎えるも、吉田が見事なタックルでボールを奪い取り、ピンチを防ぎました。そして1分後にもロナウドの突破をタックルで阻止。試合には敗れたものの、海外の相手サポーターからも絶賛の嵐でした。スタッツサイト『SofaScore』の採点ではチームトップとなる7.2を獲得しています。

吉田麻也 11

イタリアの反応「最強の日本人!」吉田麻也、超反応反転ゴール!冷静過ぎる初得点を海外サポ大絶賛

現地時間1月25日にセリエA第19節が開催され、吉田麻也の所属するサンプドリアがパルマに2-0で勝利しました。吉田麻也はセンターバックで先発フル出場。25分に、ゴール前のこぼれ球を反転してトラップした後、冷静に左足でシュート。見事イタリア初ゴールを決めました。その後も守備でチームの無失点に貢献。スタッツサイト『SofaScore』の採点ではチーム2位の8.0、『WhoScored』の採点では両チームトップの8.2を獲得しています。この試合に対する海外の反応をSNSや掲示板などからまとめましたのでご覧ください。

吉田麻也 11

イタリアの反応「強すぎる!」吉田麻也、老練な守備で強豪インテルを抑え込む 勝利に貢献し海外サポ大絶賛

現地時間1月6日にセリエA第16節が行われ、吉田麻也の所属するサンプドリアが8連勝中の強豪インテルに2-1で勝利しました。 日本代表DF吉田麻也は3試合連続となる先発で、5試合ぶりのフル出場。右サイドバックとして出場し、ベテランならではの安定感を見せ、対峙したアシュリー・ヤングを抑えると、68分からは選手交代に伴いセンターバックにポジションを移し、クリーンな守備でインテルの攻撃を最後まで防ぎました。 そんな吉田のパフォーマンスに、各メディアは上々の評価を与えています。 イタリア衛星放送『Sky Sport』や『Sport Mediaset』は、及第点を上回る6.5点と評価。ウェブサイト『TUTTOmercatoWEB』も6.5点で「再び右サイドを務め、アシュリー・ヤングを抑えるのに成功した。トネッリ交代後に中央に移り、クリーンな守備」と賛辞を寄せている。 『calciomercato.com』は、及第点の6点と採点し、「サンプは右サイドのほうが苦しまなかった。適応した日本人選手はかなり上手く守った。インテルが全力で攻めてきた時間帯にベレシンスキ投入でCBに戻り、相手の攻めに耐えた」と、チームの勝利への貢献を評価した。